« 先喰い | トップページ | 安倍さん? »

2012年9月25日 (火)

商業地は底入れ

 おはよーでござんす。戦争なんてないほうがいいに決まっているのですが、戦争のなかった時代なんてないように、致し方ないことなんでしょうかね。個人レベルでの喧嘩がなくならないのと一緒なんでしょうね。理性を保持した唯一の生物ですら制御できない闘争の本能ってものが、動物にはあるのでしょうね。逆に言えば、この本能があるからこそ、生物は存続できてきたのかもしれませんしね。

 今日の日経新聞の記事に、ここのところ何度も焼き直しされてきた記事が掲載されてました。

 『商業地の底入れ』とのことなのですが、大手コンビニのファミリーマートが、店舗用地の取得に乗り出すそうです。今までは、地価の下落リスク等で、基本賃貸がメインだったのですが、商業地が底入れということで、賃貸から取得へシフトしていくそうです。

 また、外資も積極的に首都圏を中心に収益モノをあさっていることは、ちょくちょく色々なところで耳にします。

 まぁ、一言でいって、超のつく低金利と、一時期に比べ相当、商業地が下がったことにより、収益の利回りが上昇し、投資魅力が増えたことが要因ですね。リートも絶好調のようで、個人投資家の資金が流入しております。

 物凄い長い目で見た場合の、不動産価格の予想はさておき{暴落するのか、暴騰するのか(ハイパーインフレ??)}あんまり変わらないのか?)自分自身が生きている間での、もしくは、勤めている間でのリスク管理で考えた場合、今が買い時と判断する人が多いのでしょうね。

 この商業地の動きが、住宅用地までに波及するのか?はたまた、首都圏等の一過性で終わるのか?

 消費増税と住宅ローン控除の兼ね合いなどなど、タイミングが難しいところではありますが、一応プロたちは、こう動いていますよとご報告まで。

 ではでは。

|

« 先喰い | トップページ | 安倍さん? »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先喰い | トップページ | 安倍さん? »