« 基本は教育 | トップページ | 新しいことに挑戦 »

2012年9月18日 (火)

住の移動

 おはよーでござんす。ついに、中国の漁船団が尖閣諸島を目指して1000隻ほど向かっているみたいですね。いよいよ、一発触発状態に突入しています。中国国内の権力闘争とも言われていますが、いい加減、日本をだしにして暴れまわるのも止めてほしいですね。大人の対応で、沈静化するのを祈るばかりです。

 前門の虎後門の狼よろしく、課題が累積なのですが、外交では中国、韓国との問題があり、内政では党首選一色となってきています。

 でも、忘れちゃいけないのが、原発の問題。最近、文部科学省は、ストロンチウムの分布調査を発表しました。

Photo

 ストロンチウム90は、半減期が約29年で、骨に蓄積されるため人体に対する危険が大きいとされています。

 確か、事故当初は、空気より比重が重いので、原発の敷地内からほとんど広がらないと、有識者の人が言っていたような記憶があるのですが、嘘ばっかりの結果になっていますね。

 文科省の調査では、北関東及び、群馬県にまで広範囲にわたって拡散している様がみてとれます。

 これってどうなんでしょうね。今更、知らされてもと思うのか?より、現実的な被害が表面化してから、慌てだすのか?それとも、たいしたことないのか?

 その後の、福島第一の状況も、最近では、全く聞かなくなりましたし、本当に安定状態になっているのでしょうか?

 一時期言われた、遷都の話や、伊丹空港跡地を筆頭とする副首都構想も聞かれなくなりました。

 ただ、この先、上記のような調査報告が次々に発表されだすと、どういう行動に出るのでしょうね。

 もしかしたら、本当に、『住』の大移動が起こるかもしれないということを、頭に入れておかないとですね。

 ではでは。

|

« 基本は教育 | トップページ | 新しいことに挑戦 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 基本は教育 | トップページ | 新しいことに挑戦 »