« 泥臭く | トップページ | QE3 »

2012年9月 8日 (土)

水災

 おはよーでござんす。保険というものは、いざという時の為のものであり、使わないにこしたことがないのですが、では、いざという時に、本当に役にたつのかということを再点検しておいた方がいいですね。

 最近、1時間に50ミリを超えるようなゲリラ豪雨が、あちこちで降るのですが、火災保険における水害の補償の対象となっているのかどうか?

 万が一、床上・下浸水した場合、補償の内容はどこまでの範囲なのか?

 例えば、床上浸水などしてしまうと、床の張り替え、壁の張り替え、泥の撤去、仕上げ等々で、数百万円位かかってしまいます。

 この前のニュースで流れていた、南海トラフ巨大地震の被害想定。地震の津波による水害は、火災保険の補償対象外となります。

 地震関係の災害は、地震保険しか補償されるものはなく、その場合、半壊・全壊の認定度合いと、補償額はどうなるのか?

 使わないにこしたことのない保険なのですが、勝手な思い込みで被害を被ってから後悔しても遅いです。

 今一度、ご自宅の火災保険の補償内容を点検されることをお勧めします。

 ではでは。

|

« 泥臭く | トップページ | QE3 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 泥臭く | トップページ | QE3 »