« グループ旅行 | トップページ | 誰でも犯罪者 »

2012年10月15日 (月)

虚言癖

 おはよーでござんす。いや~、連日報道されているiPS騒動の森口氏なのですが、背筋が凍るような寒さを感じますね。

 『虚言癖』という言葉を検索しますと、『虚栄心や自惚れから、自分を実際よりも大きく見せようと、ホラやうその自慢話をするものとされる。ただ、実態としては自身の言質よりも劣っているケースも多く、劣等感の変形と見なされている。』と出てくるのですが、あそこまでいくと、恐怖しかありませんよ。

 常識の考えからいけば、到底考えつかないことを平気で出来るという意味では、理解を超えていきますね。

 同じような恐怖で、『被害妄想』というのもあります。よく、近隣さん関係で出てくるのですが、自分は弱者であるのだから、自分の無茶な主張を認めなさいという論法ですね。客観的にみて、どう考えても無茶なことを言っている場合は、然るべき対処と毅然とした態度で突っ張るのですが、時間的な面倒と金銭を比較して泣き寝入りするケースも多いのではないでしょうか。

 隣人を日本刀で・・・というような事件もありましたが、最近では、この手のケースで弁護士さんに相談がくるケースが、相当増加しているようです。警察は民事不介入なので、結局、裁判を起こすしかないわけです。

 いくら、正論と理路整然とした根拠を提出したところで、森口氏みたいな人には、一切通用しません。

 それでも、常識な人が圧倒的多数であると信じたいのですが、こうも、色々な現場で理不尽な要求が続くと、マジョリティがどっちにあるのか疑わしく感じますね。

 あの記者会見を見るたびに、背筋が寒くなるのでした。

 ではでは。

|

« グループ旅行 | トップページ | 誰でも犯罪者 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グループ旅行 | トップページ | 誰でも犯罪者 »