« プチバブル?? | トップページ | 地方財政 »

2012年10月19日 (金)

リフォームローン

 おはよーでござんす。サッカーのブラジル対日本では、強くなったとはいえ、やはり壁はまだまだでかいようで、逆に、それだけ壁がまだ高いというのを痛感し、嬉しく思ったサッカーファンも多いんじゃないでしょうか。ほんの、一昔前は、ワールドカップに出るだけでも、凄いことだったんですからね。

 昨日の大型融資の話とは、真逆になってくるのですが、金融機関の現役行員さん達とお話していると、本部の意向としては、貸出先を重々選別して貸すようにというお達しが出ているようで・・・。

 そういえば、住宅ローンの審査自体も、弱冠厳しい目の審査になっているという話も聞きますし、やはり、来年3月のモラトリアムの期限がきいているのかもしれませんね。

 TOPは大型融資、現場は回収兼厳しいめの査定という感じでしょうか。

 一つ、朗報があるのですが、それは国策ですすめている中古住宅市場において、今までならば、住宅取得費用とリフォーム費用を別々に対応してきたローンが一本化される動きが出てきているということです。

 住宅ローンの方は、優遇金利合戦でかなりの低金利で借りることが出来ていたお客様達も、リフォーム費用に関しては、期限も短く、かつ金利も3%以上と非常に高かったものが、一本化されることにより、取得コストが下がり、購入しやすくなるということですね。リフォーム一本化って、JAさんぐらいでしたもんね。

 多分、国策ということで、次々に各金融機関が商品開発をしてくると思いますので、中古リフォームを考えておられるお客様は、金融機関の吟味を慎重にしてくださいね。

 ではでは。

 

|

« プチバブル?? | トップページ | 地方財政 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プチバブル?? | トップページ | 地方財政 »