« そりゃ潰れるわ! | トップページ | 石ふしぎ大発見展 »

2012年10月 4日 (木)

J-REIT

 おはよーでござんす。韓国が、10月末で期限の切れる通貨スワップの拡大延長を、いまだ申し込んできていないとかなんとか。お隣の中国では、自国の経済破綻をごまかすための官製デモだったとかなんとか。ユーロも小康状態を保っているものの、実体は何も変わっていないとかなんとか。

 世界中で、あちこちが息切れを起こしそうな状況な中、一体、どうやって守っていくのか?

 最後の安全資産として、世界的に『金(GOLD)』に注目があつまっているのですが、昨年の年末に1900ドル目前まで行って急落していたのですが、ここにきて再び昨年の高値にトライしております。信じられるものは、現物資産ということなんでしょうかね。

 ただ、日本では、『金』に対して、大陸ほど信頼感がありません。それは、豊田商事の事件があったり、悪質な勧誘があったりと、どうしても、『金』に負のイメージがつきまとうからなんでしょうね。それと、保管しておく場所に困るという点もあるかと思います。

 世界中が空前の低金利のなか、資産分配に非常に困るとは思うのですが、ある意味、現物資産ということで、『J-REIT』は面白いんじゃないかと思うんですよね。

 予想利回りも、平均で5.18%。高いのになると、7%越えの商品もあります。

 また、それぞれの投資法人には特色があり、住居特化型であるとか、オフィスビル中心とか、ホテル等の複合型とか、好みに合わせて選べます。

 ただし、配当金の税額が所得税と住民税合わせて48%とバカ高で、この辺がどうにかならないものですかね。

 それと、売却時に益が出た場合も10%の税金がかかります。

 ほんと、日本は税金大国ですね。

 通常の収益不動産所有と違って、市場の流通性に優れているために、即換金できるのも、メリットの一つですね。

 組成された頃のものは、在庫一掃の掃き溜めと言われたこともあるのですが、現在では、そういったことも少ないことでしょうから、資産保全の一つのツールとして考えてみるのもありかと思われます。

 ではでは。

|

« そりゃ潰れるわ! | トップページ | 石ふしぎ大発見展 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そりゃ潰れるわ! | トップページ | 石ふしぎ大発見展 »