« 貨幣の改鋳 | トップページ | 抜歯 »

2012年11月18日 (日)

船に乗るしかない

 おはよーでござんす。ここの所、この話題ばかりしているのですが、=不動産市場とリンクする話なので、もう少し。

 欧州市場もNY市場も、大幅な下落の中を、一人逆行高を展開した日本市場だったのですが、その原動力は、とにもかくにも、新政権に対する期待感でした。

 無制限の金融緩和や、2%~3%のインフレターゲットへの言及、白川日銀総裁の後継には、金融緩和に協力的な人材など、安倍さんの強力な発言により世界的に下落する中での円安・株価逆行高でした。

 あの下落ムードの中で逆行するためには、相当の資金量が入ってきたものと考えられ、一部では、眠っていた海外投資家たちも、久しぶりに日本市場に資金を投下したと言われています。

 ある意味、経済はムードが大切なところがあり、例えば、このまま円安が進んでくれて、1ドル=85円ぐらいになると、相当、輸出企業も楽が出来るんじゃないでしょうか。

 色々な意味で、新たなトレンドが発生したとするのなら、この勢いは大事にしたいところですね。

 金融緩和のデメリットを考えて縮こまるよりも、この勢いを大切に育てて欲しいものですね。

 少々は大丈夫だと思いますよ。

 だって、散々、円高・デフレをやってきたわけですから。

 ではでは。

|

« 貨幣の改鋳 | トップページ | 抜歯 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 貨幣の改鋳 | トップページ | 抜歯 »