« よーやるわww | トップページ | 茶番劇 »

2012年11月13日 (火)

ジャブジャブ

 おはよーでござんす。昨日のニュースで、内閣府が12日発表した7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で、前期(4~6月期)比0.9%減、年率換算で3.5%減との報道がありました。

 また、内閣府が6日発表した9月の景気動向指数から、今年3月がピークで、すでに景気後退局面に入っているとの報道もありました。

 世界経済のネタ帳(http://ecodb.net/exec/trans_weo.php?type=WEO&d=NGDP&c1=JP)さんからグラフを転載させてもらいます。

 実際、日本の名目GDPの推移をグラフにしますと、

Chart

 見てもらえれば分かるのですが、1992年のGDPと全く変わらない数字となっていますよね。

 これが、『失われた20年間』と言われるゆえんです。

 ところが、この数字をドルベースに換算しますと、

Chart2

 上記のようなグラフになり、失われたどころか、見事に成長線を描いているわけですね。

 これは、単純にそれだけ円高に振れたということです。

 ですから、世界の人から日本を見た場合、何が不景気やねん(怒 ということになります。

 そいでもって、最近、色々な有名な投資家やファンドが不穏な動きや警告を発しているのですが、米国の財政の崖問題やEUの問題等含め、結論からいって、ECBもFRBも、今後、お金をジャブジャブ刷り続けるしか方法がないということです。

 世界の為替市場の約90%を占める、ドルユーロで、お金を刷りまくれば、その後、何が起こるのかは、一つしかないと思うんですけどね。

 んで、それに対して日銀はどうするんでしょうね。

 ではでは。

|

« よーやるわww | トップページ | 茶番劇 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よーやるわww | トップページ | 茶番劇 »