« 耐震性の動き | トップページ | そりゃそうやろ(笑 »

2012年11月24日 (土)

政権公約

 おはよーでござんす。昨日は、久出ヶ谷町のオープンハウスにたくさんのご来場ありがとうございました。やっぱり、超人気の場所だけありますね。本日も開催しておりますので、ご来場くださいね。

 衆院選が迫ってきているのですが、色々なところの世論調査や選挙予想を見ていますと、自公圧勝の流れが出来つつありますね。

 ということで、先を見通すためにも、自民党が発表している政権公約を見てみますと・・・

 まぁ、教育と外交はおいといたとして、

①復興と防災

②経済の復活

 この2分野に我々の業界は直結してきます。

 まず、①の復興と防災に関してですが、公共事業の無駄を叩かれ続け、随分縮小されてきた公共事業なのですが、先の大震災と来たるべき首都圏直下型や南海トラフに備えるという大義名分の前には、誰もNOの言えない状況で、積極的に財政出動されるものと思われます。

 一説には10年で200兆円と言いますから、凄いですね。建設業界は当面仕事に困ることはないでしょう。効果的な使われ方を望みますね。

②の経済の復活ですが、明確な物価目標として2%を設定、名目GDPも3%以上の成長、そのためには日銀法改正も辞さずで、大型補正予算もすぐにうちこむそうです。

 まぁ、経済学者からは批判も多い発言なのですが、市場は素直に反応しており、今まで、対策やらなんやらと言い続けて、一向に改善されなかった民主党と白川日銀よりはましなんじゃないでしょうか? 結局、経済なんてムードに支配されるとこが大きいですからね。

 どちらにせよ、明確にインフレ目標が設定される以上、どう動くのかを考える時ですね。

 ではでは。

|

« 耐震性の動き | トップページ | そりゃそうやろ(笑 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 耐震性の動き | トップページ | そりゃそうやろ(笑 »