« 安全神話の崩壊 | トップページ | お隣やけど何か怖いね! »

2012年12月13日 (木)

個人負担0円のソーラーパネル

 こんにちわでござんす。韓国では、深刻な電力不足から公共機関を暖房18度以下、電力消費の多い民間部門でも20度以下に制限する節電要請をしたようです。

 日本で原発が問題になった時に、韓国から電力を購入すると言っていた政治家がいましたが、何を考えてるんでしょうね。

 一方、日本でも敦賀原発が廃棄に向けた動きになっており、今後の電力に対する考え方が選挙の一つの争点となっております。

 というわけで、あちこちから新しい権益めがけて、モゾモゾ動いているのですが、ソフトバンクグループが個人の負担0円でソーラーパネルを設置し、売電をする事業を立ち上げました。(詳しくはネットで検索してください。)

 これってどうなんでしょうね??ドイツでは、いち早く脱原発に舵を切ったのですが、その結果、国民の電力費用の負担増が著しく、選挙の争点にまでなっています。

 また、大事な電力をフランスに依存しているという点も、安全保障上問題ですよね。

 いずれ、太陽光等の売電は、国民の電気料金値上げという形で跳ね返ってくることは必須で、ある意味、増税と同じですよね。

 かといって、断層の上に建設する原発も??なわけで、利権まみれの構造に、まともな判断をする人がいないということでしょうね。

 ではでは。

|

« 安全神話の崩壊 | トップページ | お隣やけど何か怖いね! »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安全神話の崩壊 | トップページ | お隣やけど何か怖いね! »