« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月31日 (木)

体罰

 こんにちわでござんす。いや~、意外と順調に売れている天然石のお店なのですが、

http://www.rakuten.co.jp/lux-jewelrybox/

 それもこれも、北口のお師匠様のお蔭ですね。まぁ、毎日、パソコンに向かって永遠入力作業しているのりぞーが一番エライんですけどね!

 というわけで、今度、楽天のほかに、DeNAのショッピングモールにも出店することになりました。

 というわけで、新規出店祝いで、上記アドレスをポチッと押してください!

 ついでに、注文も入れてください!

♪あなたは、買いたくな~る、あなたは、買いたくな~る♪

 ここにきて、体罰の問題が、そこら中から噴き出してきていますね。学校において、体罰が禁止され、相当認知されてたにも関わらず、こんなにも、まだ体罰があるとは驚きです。

 ある意味、営業会社も、超のつく体育会系の所が多く、事実、僕が経験してきた営業会社も、体罰というより暴行の恐怖で社員をしばってる所長さんとかいましたが、のりぞーは絶対に反対でしたね。

 恐怖という原動力は、一時的に数字や能力を発揮させる面もありますが、ぶっちゃけ精神的に続かないというのが、僕の結論です。

 でも、人間はどうしても甘えてしまう生き物なので、数字をとらせるために、恐怖を使用する管理者がいるのも理解はできます。

 難しい問題ですけど、絶対に暴力はダメですよね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2013年1月29日 (火)

ファイナルファンタジー

 こんにちわでござんす。突然なのですが、以下の画像を見てどこだと思います?

Slooproimg_20130125174451

 もうね、ファイナルファンタジーのラスボスが出てきそうな雰囲気なのですが、実は中国の北京の街です。

 今、中国では、国土の1/3を覆う毒霧の発生が度々おこっているようで、まさに一寸先が闇状態のようです。

 もちろん、無茶苦茶な環境を考えない工場からの環境汚染のせいなのですが、手の施しようがないようで・・・。

 当然、偏西風に乗って、その毒霧は日本にもやってくるそうで、市販のマスク等では防ぎようのないものだそうです。防塵マスクじゃないと。

 色々な意味で、一杯一杯なのかもですね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2013年1月28日 (月)

単純比較

 おはよーでござんす。早くも凄い売買事例が飛び出してきたようで。

 いつもの場所なのですが、阪神間の指標となる、JR芦屋のラポルテ近く。

 300万円/坪が出たそうです。

 毎度のことなのですが、不動産価格が上がる最初は、JR芦屋と決まっております。このエリアが上がりだしたら、お金持ちさん達が動き出した証拠ですね。

 単純に考えて、日経平均8000円が1.5倍で12000円です。今日で、11000円をつけたわけですから、あと1000円で1.5倍ですね。ドンドン、海外からお金が流入してくるそうですから、押し目は殺到でしょう。

 これを不動産に置き換えますと、80万円/坪だった土地が120万円/坪になるということですね。

 まだ、半信半疑の不動産は、全然、日経平均ほど上昇していませんから、そういった意味では、現在売りに出ている物件は・・・ということです。

 ポイントは、一つ。アメリカさんが、もうダメというまでは、レッツゴーです。

 ではでは。

| | コメント (0)

2013年1月27日 (日)

規制、規制でまた規制

 おはよーでござんす。めちゃくちゃ寒くなってきましたね。とうとう、我慢できずに寝る時に暖房をつけてしまいました。頑張って電気ストーブで寒さをしのいでたんですが、もう無理です。

 経済産業省は26日、スマートフォンを使って外出先からエアコンなどの家電製品を遠隔操作できるようにするため、規制を緩和する方針を固めたのですが、この規制っていうのはやっかいですね。

 一番有名な例が、こんにゃくゼリーだと思うのですが、こんなの規制する方がおかしいと思いますよ。与えた親よりメーカーが規制対象になるなんてナンセンスのような気がします。

 それで言うのなら、おもちを規制しないと。毎年、物凄い数の命を奪っていますからね。おもちは規制しなくて、こんにゃくゼリーは規制される意味がわからないです。

 医薬品にしても、海外の症例が山ほどあるのに、国内で何年も経過しないと認可しないとか、バランス感覚が凄く古くなっちゃってるような気がします。

 アップルが天下をとって、早くも翳りをみせる現代社会のスピードに、規制が全くついていけてない気がします。

 孫さんみたいに、行政に喧嘩をうってでも構造をかえていこうとする経営者なんて、そうそういない状況を考えれば、この規制が経済や新規産業、新規事業の大きな足かせになっているような気がしてなりません。

 過保護すぎる行き過ぎた規制は経済を殺すということを、余裕のなくなった日本はよく考えないとと思います。

 ではでは。

| | コメント (0)

2013年1月26日 (土)

すごいなぁ~♪

 おはよーでござんす。のりぞーのお休みは水曜日なのですが、ここ最近の休みの過ごし方は、お昼前まで3度寝ぐらいしてから、パチンコへレッツゴーしております。

 ほいでもって、この前の水曜日に、3度寝してから寝起きの冷たい水を飲み、何気なくテレビをつけて、『笑っていいとも♪』を見ていたら、

『提供は、@@@@@の杜がお送りします。』

ふぇっ!?

マジでっ!?

って、画面をみて固まっていたら、

『おーっと、ここで@@@@@の杜 ペースを上げたぁ~!』

って、マジですやん。(笑

 思わず、口に含んでいた水を吐き出すとこでしたよ。

 しかし、凄いですね。『笑っていいとも』といえば、お昼のお化け番組でのCMですから、凄いお金もかかっているでしょうし、当然、それだけ効果もあるのでしょうね。

 ん~~、でも、本当に凄いと思います。お手本にして頑張って仕事しよっと。

 ではでは。

| | コメント (0)

2013年1月25日 (金)

貿易赤字が過去最大

 おはよーでござんす。今日から、一気に寒くなる予想が出ているそうで、お出かけの際には、あったかい恰好で出かけないと、風邪をひきそうですね。

 のりぞーの最近の悩みの一つに、夜寝ている間に、必ず、1回~2回トイレに行くことです。

 多分、昨年ぐらいから始まったと思うのですが、トイレで起きてしまうと、朝起きた時に、どうしても疲れが残っているような気がするんですよね。

 まぁ、寒い季節限定なのですが、これって病気なんかなぁ~?

 日本の貿易赤字が過去最大を更新したようで、約6兆9000億円の赤字となったようです。

 そりゃ、円安にもなるわってとこなのですが、赤字の大きな要因が火力燃料の輸入なのですが、真剣に原発を含めたエネルギー問題に取り掛からないと、足を引っ張る大きな要因になりそうですね。

 国民的な議論を要する問題ですが、化石燃料に限界があるのは分かりきっていたことで、今後益々、値段は上がることでしょうから、抜本的な解決策が必要なんでしょうね。

 経常収支の動きも注目しつつ、為替動向に注意を払って戦略を練らないとですね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2013年1月24日 (木)

お金持ちの発言

 おはよーでござんす。今日も朝から決済でバタバタ。ようやく落ち着きました。

 日本では、秘密結社として知られているフリーメイソンに加入された高須クリニックの高須院長が面白いコラムを発言されています。

 詳細は、NEWS ポストセブンをご覧ください。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130119-00000011-pseven-soci

 要約すると、安倍政権が行っているインフレ政策において、本格的にインフレになる前に、現金を不動産でもなんでもいいから現物に替えるように提唱されています。ハイパーインフレなどの極論もおっしゃっていますが、とにかくインフレになる前に不動産を買っておくことと。

 まぁ、結果がどうなるかは神のみぞしる世界なので、誰にも分からないことなのですが、一つだけ言えることが、

『いわゆる、持っている人たち(お金持ち)が、何らかの動きを始めている。』

ということですね。

 僕らみたいに持っていない人たちは、デフレであろうが、インフレであろうが、そう生活に重大な変化があるわけではないですが、高須院長みたいに、とんでもない資産を保有している人たちにとれば、資産保全は至上命題になってくることでしょうから、当然、アンテナも広げていることでしょうし、保持している情報量や質も、雲泥の差でしょう。

 そういった人たちが、動き始めたという事実が、不動産市況に与える影響として大きいモノになると思われます。

 日本中で眠っているタンス預金等のお金が、向かう先がどこなのかを、先読みして行動しないとだめですよね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2013年1月22日 (火)

新年会ラッシュ

 こんにちわでござんす。いや~、さすがに月末に近づくと忙しくなってきますね。

 昨日は、新年会ラッシュでした。午後からは、大正銀行さんの新春賀会で大阪に飛んで、その足で不動産情報回の新年会と、新年会のはしごをしました。

 色々な新年会に行き、エライ人の挨拶を聞いていますと、皆さん、口を揃えて言うことが、

『今年は、景気が良くなりそう!』

とのご発言でした。

 景気の『気』は、『気持ち』の『気』であり、『病は気から』ともいうように、気持ち一つで、景況感が変わることも大いにあることでしょうし、少しずつでも、良くなっていく実感を感じることが出来れば、本当に大きな流れになるかもですね。

 まだまだ、半信半疑なところは多いですが、皆の気持ちが明るくなれば、色々なところに波及することでしょうね。

 今年は、なんだか良さそうな気がする!!

 ではでは。

| | コメント (0)

2013年1月21日 (月)

カントリーリスク

 おはよーでござんす。いよいよ本日から、第二次オバマ政権が発足するのですが、為替への言及を含め、対日、対アジア、TPPなど発言に要注意しておかないといけないですね。どうしても、日本は、翻弄される側なので、経済に直結する発言には気を配らないと判断を誤ることになります。

 アルジェリアの問題は、グローバル社会に影を落としましたね。

 昨年の、中国における反日デモもそうですが、今後、日本の企業は世界で戦っていかないと生き残れないのは理解できるのですが、思想も教育も、政治も治安も違う所では、上記のようなことが起こり得るということを、常に考えておかないといけないということですね。

 そういった意味でも、政府の外交が、今後ますます重要になってくることになるのですが、常識が通用しない人というのは、隣人であれ、商売相手であれ、さわらぬ神にたたりなしじゃないのでしょうか。

 ではでは。

| | コメント (0)

2013年1月20日 (日)

空き家

 おはよーでござんす。最近気付いたのですが、年をとったことによって寒さの感じ方が違ってきたような気がします。これだけ寒い日が続きますと、若いころなら耐えれないぐらいの感覚になっていたと思うのですが、近ごろは、うー寒いなぐらいなんですよね。

 多分、色々な機能が、鈍感になってきているような気がするんですよね。これって、怖いですよね。あらゆる感覚が鈍感になるということは、それだけ、例えばお客様の気持ちに気付けないなんてこともあるわけで、もっともっと、意識して感覚を研ぎ澄まさないとですね。

 面白いデータをどうぞ。総務省の統計局からですが、

Yo_01


 グラフからもわかるように、年々空き家の数が増えております。場所によっては、空き家条例が出来るほど、社会問題化してきている空き家なのですが、人気の阪神間でさえ、空き家がチラホラ目につき始めています。

 そりゃそうですよね。人口減少もしているわけですし、高齢化社会になり、老人ホームなどの高齢者住宅に転居する人も多いことでしょうから。

 家は、人が住まなくなると、すぐに痛み始めます。政府は中古住宅市場に力を入れようとしていますが、今後は、空き家の対策が不動産業界の一つのビジネスになっていくような気がします。治安の問題もありますしね。

 何か考えようっと。ではでは。

| | コメント (0)

2013年1月18日 (金)

銀行の特色

 おはよーでござんす。今日は、お取引先の四国にあるT銀行さんの新年会みたいな、セレモニーみたいなのに出席しに徳島県まで行ってきます。

 大体、どこの銀行さんも、この時期、取引先を集めて、セミナーなり、新年会などの大規模な会合をするのですが、それぞれ特色があって面白いですよ。

 在阪の地方銀行なんかは、大阪のリッチなホテルの会場で、立食パーティー形式を行うのですが、ベンツにBMWにレクサスにと、高級車がズラリと並ぶような派手な感じで、頭取をはじめとするエライ人たちが壇上にずらりと並んで、挨拶リレーが始まるって感じです。

 かたや、今日行く、T銀行さんは、アットホームですよ。多分、預金者さんが多いと思うのですが、車は軽トラを始めとして国産車がバラバラ。服装も、スーツが少ないぐらい。何よりも面白いのが、

『頭取』

とか、

『常務』

って書かれた、甲子園のプラカードみたいなものを持っている人がいて、そのプラカードの所にエライ人がいて、そこにみんな名刺交換をしにいくといった感じで、さながら、A@B握手会って感じですね。

 昨年は、途中で抜け出し、EコーポレーションのM社長と、日帰り温泉に行ったのですが、今年も途中抜け出しして、温泉にでもつかってこよかな。

 金融機関様あっての、我々不動産業者ですから、全国どこでも行きやすよ!

 ではでは。

| | コメント (0)

2013年1月17日 (木)

住宅ローン減税

 こんにちわでござんす。今朝は、朝から決済で伊丹市の銀行まで行っていたのですが、171号線の混み方が半端なかったですね。

 あの道は、しょっちゅう工事をしているのですが、なんとかならないもんですかね。

 2014年の消費増税対策として、住宅ローン減税の方針が自民党で調整されているようです。

 それによりますと、現行、ローン残高2000万円までの1%分(最大20万円)を毎年の所得税から10年間差し引くというシステムを、4000万円の1%分(最大40万円)までに拡大するということです。

 また、現行では、所得税が減税額より低い場合、住民税を最大9万7500円減税しているのですが、それも14年度からは最大13万円超にすることが検討されているようです。

 建物の値段を2000万円と仮定すると、消費増税により増加する金額は、8%で60万円、10%で100万円。

 ローンをする人たちにとれば、拡大分で多少は吸収されることになりますね。

 現金購入の人対象にも、考えているようなので、今後の成り行きに注目ですね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2013年1月15日 (火)

消費者物価指数

 おはよーでござんす。東京は凄い雪でしたね。あらゆる機能がマヒしているとか。爆弾低気圧っていう名前も伊達じゃなかったということですね。

 さて、安倍総裁が日銀にアコードしようとしているインフレターゲット2%なのですが、今一、2%と言われてもピンとこないですよね。

 というわけで、日本における日銀の量的緩和の基準値である消費者物価指数をみたいと思います。

Jpncpi19712011

 指数なわけですから、前年同月比になるのですが、これでみれば1991年が3%、1998年が2%後半とそれぞれ”山”が出来、それ以降は、下落基調なのですが、ここ3年ほどは緩やかに上昇しているのが見て取れます。

 これを2%に上げるということですから、バブル時代ピークの狂乱が3%ですので、イメージとしては、それの2/3ってとこですか。

 ん~、どんな感じでしょう。(笑

 不動産の先輩たちにお話を聞いていますと、バブル時代のピークは、土地の値段が一晩寝たら倍になったと笑いながら、おっしゃってましたから、相当凄かったんでしょうね。

 ただ、一つだけ言えることが、デフレの時代と違って、確実にキャッシュ(現金)の価値が下がるということで、昨日書き込んだ、金利上昇リスクも含め、なんらの手当てをしないと、昨日の1000円は明日の500円なんてこともあるかもですね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2013年1月14日 (月)

金利考察

 おはよーでござんす。爆弾低気圧っていうらしいですね。すんごい雨で、嫌になっちゃいます。新年一発目の3連休ということで、気合の入った業者さん達も多かったでしょうに。

 まずは、下記のグラフをご覧ください。

Kinri530

(家づくりコンサルティング株式会社様ホームページより転載)

 これは、日本の長期金利の推移なのですが、一番身近に感じるところで行くと、1990年のバブル時代の7%後半ですね。

 それ以降、失われた20年と言われるように、長期金利は下がり続けました。

 1%割れが恒常化している現在なのですが、そろそろ頭の転換をしといた方がいいのではないかと思われます。

 ドイツでは短期金利が急上昇と示し、アメリカの10年物国債も金利が上昇を示しております。

 日本も、安倍総理が追加の補正予算を組んだりと財政出動をしております。

 ちょっと前まで、EUを中心に財政規律をギャーギャー言っていたのですが、そのEUも積極財政と金融緩和に舵をきっております。

 米国、EU、更には、今回の日本と、世界の99%を占める主要通貨での金融緩和が加速するわけですから、そりゃ~、インフレになりますよ。

 更なる国債の増発は、いずれ、トリガーを引きかねません。

 ここから、更なる下の金利は想像しづらく、となると、物価上昇を睨んで不動産を購入する際に、金利の長期固定を組むことが一番ではないかと思われます。

 もう一度、グラフを良く見て、この史上最低金利を享受するために、長期固定での不動産購入がベストの選択でしょうね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2013年1月12日 (土)

円安というよりドル高

 おはよーでござんす。ついに1ドル=89円に乗せてきた為替なのですが、まぁ、ガソリン代が上がることでしょうね。原油高にも関わらず、今まで、円高で抑えられてきたのですが、一気に火柱がたちそうです。

 というわけで、アベノミクスなど色々言われているわけなのですが、基本的には、円安というよりもドル高なんだろうなという気がします。

 日米の金利差などで、流れは出来ているのですが、世界の中心が米国なのは間違いのないことで、その米国=ドルが、今後どうなるのか?という部分でその他通貨が動くと思われます。

 そんなアメリカで、一番大きな変化があったのが、シェールガスでしょう。今まで、存在自体は知られていても、そこから採取することが不可能と言われていたものが、可能になったことにより、米国は純然たる資源大国(輸出国)に変身するものと思われます。

 その埋蔵量は、世界の40%がアメリカにあると言われており、また、150年分とも300年分とも言われています。

 本格的にメジャーが参入してくる2013年は、一気にシェールガスの採取量も技術も進むものと思われ、そうなると、他国に売るのにドル高は理にかなうということですね。

 2012年に底をつけた円高なのですが、どうもシェールガスが大きな要因になっているような気がするのでした。

 ではでは。

| | コメント (0)

2013年1月11日 (金)

東証ヒストリカル 不動産業

 こんにちわでござんす。というわけで、ちょいとヒントを差し上げます。資料の参考にして頂ければと思います。

まずは、1990年から現在までの東証ヒストリカル(不動産業)のチャートです。

Chart21

 次に、為替のチャートです。

Gc
 

 対比して頂いたら分かると思いますが、2004年に円高のピークがあり、小泉総理の時代だったのですが、そこから一転、2007年まで円安の方向に流れて1ドル=124円まで円安が進行しています。

 ちょうど今から、7、8年前は、不動産業もプチバブルに沸いていた時代で、商業地なども相当高い値段まで買われました。

 夙川駅の前の土地が、坪単価300万円まで行っていましたら、今の価格と比べても相当高いですよね。

 住居系の土地も、坪80万円くらいで取引されていたエリアが、坪140万、150万円が当たり前のように取引されるようになりましたからね。

 現在、1ドル=75円のピークをつけた為替は、急ピッチで円安に流れてきています。今日現在で1ドル=89円。

 あまりのスピードに、不動産を始めとする実体モノがついていけていない現状。株価はさすがにスピードについていき始めております。

 ということは、現在、市場に流通している不動産価格は、絶好の@@@になるというわけですね。

 半年後には、違うステージでの売買が行われていることが想定されるわけで、そうなると、安値を見続けていて、かつ、購入に踏み切れなかった人は、買えなくなってしまうということになりますよ。

 状況が状況だけに、売主さんも、今、売却をしようとはしないことでしょうね。誰が考えても、もう少し様子をみると考えますよ。

 そうなると、市場からモノがドンドン減少していき、必然的に売り物は高値を追う展開となります。

 それに合わせて、新規のお客様も出てくるわけで、そういった人たちによる新しいステージでの取引が行われるわけです。

 いくら、自分が高すぎると思ったところで、それが相場になった以上、購入をあきらめるしかないわけで、それでも、子供さんが大きくなるとか、小学校入学前とか、賃料がもったいないなどの理由がある人達は、 急いで購入すべきかと思いますよ。

 まぁ、自己責任でね。

 ちなみに、のりぞーは、昨年の夏過ぎぐらいから、こうなるよってブログで言っていましたから、それでお許しくださいね。 

 ではでは。




| | コメント (0)

2013年1月10日 (木)

税金

 おはよーでござんす。与党税制協議会が始まっているのですが、色々動きがありそうなので、不動産業にも関連しますし、まとめておきますね。

 まずは、相続税。どうやら基礎控除の4割減が確定しそうですね。現行の場合、5000万円+相続人×1000万円だったのですが、それらが一律4割減です。今までなら、相続税の対象にならなかった人たちにまで広がってきそうです。

 特に、都市部で不動産を所有している人は要注意ですね。

 次に、富裕層の所得税が引き上げられる模様です。3000万円以上の人が対象なので、僕らには関係のないことですが、現行の40%から、45%or50%で最後の攻防のようですね。

 消費税に関しては、もう増税ありきの議論になっているのですが、(景気条項はどうなったの?)、8%の段階で食料品などの軽減税率を導入させるべく公明党さんが頑張っておられます。

 子ども手当と引き換えになくなった『年少扶養控除』は先送りが決定。

 あと面白いところでは、従業員の賃金を上げた場合に法人税を引き下げるとか、祖父母から孫の教育資金を贈与した際の贈与税を非課税にするなど、いわゆる市中にたまっているお金をまわさせるための工夫がみてとれます。

 正式には決まっていませんが、相続にしろ贈与にしろ、知らないことは損につながりますので、注意を払っておきたいところですね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2013年1月 8日 (火)

これ以上のない追い風

 おはよーでござんす。昨日は、あちこちのニュースで、賀詞交換会での大手企業の社長さん達のコメントが流れていたのですが、今年は、景気がUPする、しなければいけない年だとの強気のコメントであふれかえっていました。

 このニュースを、不動産購入を検討しているお客様も当然のように見ているわけで、それだけでも、営業さん達にとって追い風になりますよね。

 どこの不動産屋さんに行っても、判で押したような同じようなトークを聞かされ、うんざりしているお客様も多いと思われるなかで、どのように決定率を上げるのか。

 根本的なところは、『知っている』ということと、『理解している』ということと、『理解して実行に移す』ということは、全くの別モノであるということですね。

 史上空前の低金利ということは知っていても、では、過去の日本において、住宅ローンの金利が何%まで上昇したことがあるのか?バブル時代は、何%だったのか?仮に金利が上がった場合の、総支払合計の差額は、いくらぐらいになるのか?

 これらを、きちんと、数字とグラフでお客様に提示するだけで、『知っている』→『理解している』に変わると思いますよ。いくら口頭で説明したところで、お客様の脳裏に刻まれることはないですからね。

 視覚と聴覚を使うことで、初めて頭に残るわけです。

 東証ヒストリカルの不動産業種のチャート一枚で、日本の不動産業の株価が先行して上昇していってる様を、お客様に提示することが出来ますし、アメリカやドイツの長期金利の上昇も、グラフで提示することが出来ます。

 消費税が上がることによる、建物代金の具体的な差額。住宅ローン減税の詳細な説明。希望予算内での全物件資料。

 この時期に、売り上げが上がらない営業さんは、不動産業には向いていないでしょうね。

 意思決定の大切な一つの要素は、『感動』にあります。そこらの不動産屋さんと同じようなトークになっていないか再チェックし、数字やデータをきちっと整え、『この人から購入したい』と思っていただけるような商談をしないとですね。

 もうね、この時期、のりぞーが営業の現場に復帰なんてしようもんなら、えげつない数字を叩いてますよ!(笑

 これ以上のない追い風が吹いているわけですから、今、頑張らないと、いつやるの?って感じです。

 頑張るぞーー!!

| | コメント (0)

2013年1月 7日 (月)

明けましておめでとうございます。

 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

 さて、今年なのですが、うわっぱなれの年と読んでおります。

 民主党最高顧問の渡部恒三さんがテレビでおっしゃっていましたが、前内閣がひどすぎて政権が変わり一気に株高・円安になったと。

 前内閣ではなく、前政権が正解でしょうね。

 まったくデフレ対策をしようとしなかった政権、どちらかというとデフレに持ち込もうとしていた勢力に抑えられ続けた数年間から、ようやく解放されたわけですから、ちょっとやそっとじゃ終わらないと思いますよ。

 何度も言いますが、リーマン、大震災、原発事故、デフレ政策を維持する日銀と政権。これ以上のない(あるとすれば関東大震災で東京直撃ぐらいしか思いつかない)ダメージを日本経済はおってきたのですが、それでも日経平均8000円ですよ。

 政権がかわり、腰を据えて金融緩和に取り組むわけですから、デフレ時代のキャッシュ保持から実物資産への転換の動きは加速することになると思われます。

 ポイントは、アメリカ政府関係者の『これ以上の円安・ドル高は・・・。』といった発言が目につくまでは大丈夫でしょうね。

 日経平均は、安倍政権になってから20%近く上昇しましたが、不動産価格は20%も上昇しておりません。

 このような状況になれば、売主さんも、売却をためらうようになるでしょうし、建売業者や買取業者も高値で購入せざるをえなくなってくると想定されます。

 そうすると、半年後の不動産市況の商品は、現時点より10%~20%高い相場で提供されてくるので、不動産購入を検討されている人は、今、販売中の物件を購入するのがベストでしょうね。

 消費税増税の見極めがつく秋口まで、参院選がある秋口までは、何が何でも上に持っていくことでしょうし、それまでは、アメリカも財務省も黙認でしょう。

 というわけで、今年も一年、不動産ドットコムをよろしくお願いします。

 ではでは。

 

| | コメント (2)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »