« 消費者物価指数 | トップページ | 銀行の特色 »

2013年1月17日 (木)

住宅ローン減税

 こんにちわでござんす。今朝は、朝から決済で伊丹市の銀行まで行っていたのですが、171号線の混み方が半端なかったですね。

 あの道は、しょっちゅう工事をしているのですが、なんとかならないもんですかね。

 2014年の消費増税対策として、住宅ローン減税の方針が自民党で調整されているようです。

 それによりますと、現行、ローン残高2000万円までの1%分(最大20万円)を毎年の所得税から10年間差し引くというシステムを、4000万円の1%分(最大40万円)までに拡大するということです。

 また、現行では、所得税が減税額より低い場合、住民税を最大9万7500円減税しているのですが、それも14年度からは最大13万円超にすることが検討されているようです。

 建物の値段を2000万円と仮定すると、消費増税により増加する金額は、8%で60万円、10%で100万円。

 ローンをする人たちにとれば、拡大分で多少は吸収されることになりますね。

 現金購入の人対象にも、考えているようなので、今後の成り行きに注目ですね。

 ではでは。

|

« 消費者物価指数 | トップページ | 銀行の特色 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消費者物価指数 | トップページ | 銀行の特色 »