« 時代を感じますね。 | トップページ | iPadミニ »

2013年2月 7日 (木)

辞任で円安

 おはよーでござんす。首都圏は大雪予報で交通網が大打撃とか。あの混雑ぶりをテレビで見ていたら、海外の人はビックリするでしょうね。

 日銀の白川総裁が1か月辞任の前倒しをしただけで、一気に円安に動きましたね。一時、1ドル=94円台までいっています。

 民主党政権の時は、70円台後半がずっと続いていたことを考えると、すごい様変わりです。

 たった1・2カ月で為替が20%も下落したわけですから、経済に与える影響はとてつもないものです。

 当然、輸入業者は単純に仕入れが1.2倍になるわけですから、東電を始めとする電力会社は悲鳴を上げているようです。

 輸出業者は、海外で仮に同じ値段で売れたとしても、円に換金する時に1.2倍になるのですから、ウハウハですね。

 日本はGDP比で約15%の外需しかないので為替の影響は少ないと言われている人もおられますが、とんでもない話で、資源のない日本が内需だけで成り立つわけがないのは、当たり前の話ですね。

 年末からの円安を受けても、決算の内容を見ていると、結構、やばいところが多かったので、ある意味、ギリギリの所だったんではないでしょうか。

 日経平均も、為替に連動するように上昇基調を描き、半信半疑の人も多いでしょうが、『政策に売りなし』の格言通り、日米の政府の発言に注意を払いつつ、資産防衛をどういう風に組み替えていくのかが、キーになってくることだと思います。

 なんせ、大震災もリーマンショックも、原発事故も、デフレ・円高容認の民主党・白川総裁コンビにも、あらゆるものに耐えてきた、下限の鉄板は、ダイヤモンドより固いんじゃないでしょうか。

 山あり谷あり。谷の次は、山が来るのは自然なことです。

 ではでは。

|

« 時代を感じますね。 | トップページ | iPadミニ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時代を感じますね。 | トップページ | iPadミニ »