« 消極的な姿勢 | トップページ | 現物資産 »

2013年2月16日 (土)

建築士さん4人が書類送検

 おはよーでござんす。まだまだ寒いっすね~。暦の上では、もう春なのに、早く暖かくなってほしいもんです。

 あまりにも肩こりと腰がつらいので、『ルルド』を購入したのですが、あれ、メチャクチャいいっすよ。高額なマッサージ器より、全然、気持ちいいです。

 朝日新聞からですが、東日本大震災で東京都町田市の大型量販店「コストコ多摩境店」の駐車場スロープが崩落し、2人が死亡、8人が重軽傷を負った事故で、警視庁は設計に落ち度があり、スロープと建物本体の接合部の強度が不足していたとして、設計に関わった1級建築士4人を月内にも、業務上過失致死傷容疑で書類送検する方針を固めたそうです。

 あれクラスの施設の設計士さんともなると、相当大物クラスが参加していたと思うのですが、どういう判決が出るのか注目ですね。

 今の構造計算屋さんは、NG消しの人が多くて、構造を組み立てるというよりも、ある程度、適当な数字を入力し、国交省のプログラムに入れ、出てきたNGを消していく作業士さんって感じですからね。つまり、合格のラインまで、ちょっとづつ鉄筋の量を増やすというやり方になります。

 だから、どうしても、ギリギリの強度の構造物が出来てしまい、こういったケースが発生するんでしょうね。

 明らかな手抜きは断罪するのは当然ですが、合格してしまったケースは、誰の責任になるんでしょうね。

 どちらにせよ、要注目です。

 ではでは。

|

« 消極的な姿勢 | トップページ | 現物資産 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消極的な姿勢 | トップページ | 現物資産 »