« 総選挙 | トップページ | やっぱり増えてきた固定 »

2013年6月 9日 (日)

規制緩和と矛盾

 おはよーでござんす。昨日のAKB総選挙は、まさかの指原莉乃の1位だったみたいですね。まぁ、まさかなのか、フジ押しなのかは、分からないところですけどね。大人の事情がありそうな気が(笑

 米中首脳会談に、ビリビリしている日本なのですが、両大国に挟まれて存在感が薄れていく様に、与野党問わず危機感を感じています。

 アベノミクスでは、3本目の矢の一丁目一番地は『規制改革』と、ずっと言われていますが、これって一向に進まないですよね。

 ただ、これって、自分達がそれぞれ抱える矛盾を整理しないと無理だと思います。

 例えば、エネルギー問題にしても、原発は嫌だけど原油の輸入増で電気代があがるのも嫌。

 自然エネルギーにしたって、風力で騒音や低周波の被害が出る。

 都市の効率化をはかるには、容積緩和や高さ制限を撤廃すれば、エネルギーコストも下がるし、効率もあがるが、自分の周りに高い建物が建つのは嫌。

 ネットで薬を販売するのは、凄く楽になるが、何かあったらどうするのか?

 学校では、体罰はするなというが、子供のしつけを学校に求める父兄が山ほどいる。

 医療制度をいじくれば、間違いなく地方のお医者さんは減るでしょう。

 多分、何かを決めるということは、何かを失うことであり、今までは、そんなに考えなくても良かったことを、選択していかないといけない時代に突入したんでしょうね。

 そういった意味で、これからは『選択』ということが非常に重要になってくると思われ、また、国民一人一人が、強制的にその『選択』をせまられることになるんでしょうね。

 ではでは。

|

« 総選挙 | トップページ | やっぱり増えてきた固定 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 総選挙 | トップページ | やっぱり増えてきた固定 »