« 規制緩和と矛盾 | トップページ | ぷっちょ »

2013年6月10日 (月)

やっぱり増えてきた固定

 おはよーでござんす。アメリカのプロの心理カウンセラーでラジオにて相談を受け、リスナーの自殺を止めたりしていた司会者の人が自殺したそうで・・・。

 ふと思ったことなのですが、日本の戦国時代に信長や秀吉が周辺国を攻め込むのに罪悪感があったのかというと、多分、なかったと思うんですよね。

 米中の首脳会談が終わり、領土問題に関しては、一貫して中国は従来の主張を変えなかったということなのですが、勢力が大きくなる国において、隣国を侵略することに罪悪感や理由なんて無いんでしょうね。

 よく考えれば歴史的には当たり前のことをしているわけですね。イジメの問題にしても、よく、いじめられる側にも問題があるという表現がなされますが、これもそういうことでしょう。

 プランクトンを小魚が食べて、小魚を大きい魚が食べて、大きい魚をアザラシが食べて、アザラシを北極グマが食べて、北極グマを人間が狩って、その人間の中でもってところが自然の摂理ならば、本田選手じゃないけど、『個』を鍛える、磨くということが自分を守るすべなんでしょう。

 プロの心理カウンセラーでさえ、精神的に弱くなる時があるのなら、もっともっと自分を鍛え続けないと、なんでしょうね。

 やはり、住宅ローンの選択に大幅な変化が見られるようです。

 新築マンションなどを販売する大手デベロッパーさんのお話を聞くと、従前までは8割近くが変動を選択されていたお客様達が、今や、半々にまで固定を選択する人が増えてきているようです。

 1000兆円を超える借金を背負う、国や地方の自治体にとって、金利が1%上昇すると、10兆円の金利負担増になるわけですから、軽~く、昇天できますね。(笑

 よく、この多額の借金を国民一人当たりという数字で表現されますが、あれは、国民の借金ではないですからね。どっちかいうと、現行や生保を通して国民は貸している方ですもんね。

 まぁ、国も地方も、返済する気なんて、さらさら無いでしょうから、どっかで国民にツケを持ってくることでしょうから、そういった意味では、国民一人当たりになるのかな??

 さて、インフレターゲットと金利の上昇圧力。黒田総裁は難しい舵取りをすることになるのでしょうね。

 ではでは。

|

« 規制緩和と矛盾 | トップページ | ぷっちょ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 規制緩和と矛盾 | トップページ | ぷっちょ »