« 先読み | トップページ | 東京における緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を推進する条例 »

2013年9月10日 (火)

何かあったら安全資産

 おはよーでござんす。国の借金が、ついに1000兆円を超えて、国民一人あたりに計算すると792万円/人というニュースは耳にタコが出来るぐらいに聞かされます。

 このまま借金が膨らめば、破たんするので、消費税をUPするのは仕方がないというのですが、いつも矛盾を感じることがあるんですよね。

 今も続いているシリア情勢において、アメリカが攻撃一歩手前まで行ったとき、世界中の市場参加者が、こぞって資金を避難させた先が、

『何かあった時の、安全資産、円買い』

なんですよね。

 言ってることが、すごく矛盾していると感じるのは、のりぞーだけではないでしょう。

 本当に、1000兆円も借金が超えて、やばい国なら、なんで安全資産としての逃避先が日本になるのでしょうか。

 リーマンの時も、ユーロ危機の時も、大震災が起きたって、日本が買われる現実は何なんでしょうね。

Paratto

 ちなみに、10年国債の利回りのグラフですね。金利上昇って、連日のニュースになっていましたけど、今はご覧のとおりです。

 色々と考え方を整理しないとですね。

 ではでは。

|

« 先読み | トップページ | 東京における緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を推進する条例 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先読み | トップページ | 東京における緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を推進する条例 »