« 郊外のゴースト化 | トップページ | 見送り »

2013年9月21日 (土)

基準地価

 こんにちわでござんす。9月末は、当社の決算月ですので、目の回る忙しさです。早く、10月が来ないかなぁ~。

 国土交通省が発表した、基準地価は明暗がクッキリしてきましたね。

 主な内容は、『三大都市圏では商業地の約2分の1の地点、住宅地では約3分の1が上昇。東京、神奈川、宮城、愛知の1都3県は住宅地と商業地がいずれもプラスになった』ということです。

 逆に、地方圏(全用途)は2.6%下落し、大都市圏の回復基調との二極化が鮮明となりました。

 これは、アベノミクスにより、金融緩和がなされた結果、投資マネーが不動産へ向かったことが大きいと思われます。

 しかも、今回の傾向は、大都市圏の収益に徹底して向かったということが読み取れます。

 それだけ、選択の目が厳しくなったということでしょうね。

 今後、大都市圏と地方圏の二極化は益々進むと考えられ、それだけ、住宅用地の購入にも影響を与えそうですね。

 ではでは。

|

« 郊外のゴースト化 | トップページ | 見送り »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 郊外のゴースト化 | トップページ | 見送り »