« 同窓会? | トップページ | 消費税上乗せの動き »

2013年10月20日 (日)

富裕層の激減

 おはよーでござんす。嫌な雨が続きますね。昨日なんか、マカオ帰りで、半袖を着ていたのですが、寒くて死にそうでした。(涙

 今年の冬は、相当寒いみたいなのですが、夏は暑すぎて、冬は寒すぎるって、なかなか厳しい年です。

 クレディースイスが発表した、世界の富に関する報告書「2013年度 グローバル・ウェルス・レポート」の中で、世界的にも劇的な変化をみせた日本の状況が注目されています。

 それによりますと、純資産約1億円を保有する富裕層の数が、2012年6月から今年6月での間に、130万人も消滅したそうです。

 これは、世界的に見ても類をみないようで、驚きをもって世界から注目されているようです。

 んで、その理由は、為替。これらの指標は、ドル換算されるので、この1年に一気に進んだ円安により、富裕層の数が減ったわけです。

 そりゃそうですよね。例えば、1ドル=80円だった時代は、8000万円の純資産で100万ドルだったのが、1ドル=100円の場合は、1億円で100万ドルなわけです。

 円安になり、株式市場も活況しましたが、富裕層でなくても、我々庶民も、原油や食料品など、ボディーブローのように、円安による不利益を被っているというわけです。

 ではでは。

|

« 同窓会? | トップページ | 消費税上乗せの動き »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同窓会? | トップページ | 消費税上乗せの動き »