« 日本国債10年利回り | トップページ | 人生50年 »

2013年10月28日 (月)

大阪事務所の人員削減

 おはよーでござんす。いよいよ明日は、のりぞーの44回目の生誕祭!!

 ってか、もうね、1年1年が早すぎて、嫌になっちゃいます。

 面白いのが、40歳を超えて、中盤に差し掛かってくると、自分が何歳だったかを覚えてないんですよね。43??44??って、今年一年間は、ずっと迷ってました。その辺の1歳なんて、どうでもよくなってるんでしょうね。(笑

 大手ゼネコンの大阪事務所の人員が、大挙して減っているようです。

 理由は、東京へ人員を集中させるということです。

 オリンピックの決まったソチでは、決まったのちに物価が30%も上昇したようです。

 東京も、オリンピックが決まって、老朽化した公共的なものから、新しい施設まで、建設ラッシュに沸くことでしょうから、大手ゼネコンの措置は、当然のことでしょうね。

 困るのが、在阪のマンションデベロッパーさん達で、見積もりをあげても異様に高い建築コストでかえってくるために、悩みまくっているそうです。

 建築コストの上昇分は、販売価格に転嫁されることでしょうから、これから建築される新築マンションは、関西圏にとって、全然関係のない、オリンピックプレミアムが加算されているということを頭に入れておかないとですね。

 当然、プレミアムがはげると、価格も下がるというわけです。

 仕様が異常に良くなっての価格高騰ではなく、オリンピック特需の人材不足による価格高騰なわけですから、はてさてですね。

 ではでは。

|

« 日本国債10年利回り | トップページ | 人生50年 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本国債10年利回り | トップページ | 人生50年 »