« 慰安旅行 | トップページ | サッシが2倍!? »

2013年11月15日 (金)

世界の流れ

 おはよーでござんす。昨日は、世界中の人が固唾をのんで見守った公聴会がありました。

 次期米連邦準備理事会(FRB)議長に指名されたイエレン副議長による、上院銀行委員会の指名承認公聴会だったのですが、確認されたことは、

『現時点では景気回復の支援が金融政策を正常化するために一番確実な道だと信じている』

という、量的緩和の続行であります。

 やはり、まだまだ、アメリカの金融政策を担う人たちは、景気の本格的な回復は現状ではしていないと捉えており、さらなる、緩和によって、風船を膨らましにかかりましたね。

 ちょっと前の、縮小案などどこ吹く風です。

 とりあえずは、『政策に売りなし』ということで、日本もお追随、確定ですね。

 複雑化した金融システムと、超高速化した情報伝達により、少しの引き金が、とんでもない事態を生み出すことを恐れるあまり、誰も引き金すら触れない状態なんでしょうかね。

 まぁ、日本もアメリカも、欧州も、まだまだ、お金をジャンジャン刷ると言ってるわけですから、どうなるかは自明の理。

 その後は、神のみぞ知ることなんでしょうね。

 ではでは。

|

« 慰安旅行 | トップページ | サッシが2倍!? »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 慰安旅行 | トップページ | サッシが2倍!? »