« 緩和縮小の影響 | トップページ | 現場が疲弊をしている »

2014年1月26日 (日)

食品テロ

 おはよーでござんす。世間を騒がせ続けた、マルハニチロの農薬混入事件の犯人が逮捕されましたね。

 逮捕されたのは、製造元のアクリフーズ群馬工場で働く49歳の契約社員の男だそうです。

 中国での冷凍餃子事件を彷彿させる事件だったのですが、あの事件の犯人も給料と工場の待遇が悪かったという動機での犯行だったのですが、中国では無期懲役が確定しております。

 今回のマルハニチロの犯人も、49歳で契約社員ということで、給料が手取りで12万円台だったそうです。

 フリーターという言葉が持て囃された時代の人達が、年をとり、そこそこの年齢になっても、低収入でその日暮らしをする人が大量に増加してきています。

 当然のように治安は悪化し、こういった食品テロも増えてくるんじゃないかなぁ。

 グローバル社会という構造上、企業は更に正社員の雇用に神経をとがらせることでしょうし、難しい問題をはらんでいると思います。

 ではでは。

|

« 緩和縮小の影響 | トップページ | 現場が疲弊をしている »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緩和縮小の影響 | トップページ | 現場が疲弊をしている »