« 消費者物価指数の推移 | トップページ | 相続税からの売却 »

2014年1月20日 (月)

重要事項の恐怖

 おはよーでござんす。本日は、新年一発目のグループ会議だったのですが、色々面白い話を聞きました。

 不動産の売買において、契約の前に仲介業者さんが重要事項説明をしないといけないのですが、その重要事項において、何が重要事項かということです。

 当然、国交省によるガイドラインもありますし、過去の判例や事例も数多くあるのですが、最近では、ふぇ??っていうことを、購入者サイドが、聞いていなかったというケースが頻発しているようです。

 もちろん、そういったケースは、常識の範囲のなかで、購入者サイドさんが無茶を言っていることが多いのですが、大手の仲介業者さんが絡むと、そういうケースでも、泣きをみることがあるようです。

 まぁ、ある意味、仲介業者さん側も、お客様をよくみて契約することが、求められる時代なのかもですね。

 ではでは。

|

« 消費者物価指数の推移 | トップページ | 相続税からの売却 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消費者物価指数の推移 | トップページ | 相続税からの売却 »