« 過去最大の赤字 | トップページ | 社内旅行 »

2014年2月 1日 (土)

大きな振るい落とし

 おはよーでござんす。地獄のような忙しさの月末でした。3月末は年度末ということで、どこもラッシュをかけてくるのですが、さすがに身体が悲鳴をあげそうです。

 万能細胞STAPを開発した小保方晴子博士が連日のように報道されておりますが、科学と医学の進歩から考えると、世界の価値は確実に右肩上がりなのは当然のことです。

 僕らが小中学校の頃に考えられなかったような技術や科学、医学がドンドン進歩していってるわけですから、少なくとも後退はしていないですよね。

 その価値の一つの指標である株式市場なのですが、何度も書くように全ては、今を支配している組織の方向性に動いていきます。

 緩和の縮小は、何度もアナウンスがありましたし、告知から実施の時間も相当とりました。というわけで、その方針は固いものがあると思われます。

Gc

 上のチャートはNYダウの月足なのですが、下がった下がったといっても、月足でみれば、たったのこれだけ。

 リーマンショック以降、無理矢理、お金を注入して持ち上げてきた相場なわけですから、それが剥がれるということは、ある程度の深押しの覚悟が必要かと。

 日本の場合は、消費増税の時期とも重なりますので、不動産市場への影響も相当出てきそうですね。

 ではでは。

|

« 過去最大の赤字 | トップページ | 社内旅行 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過去最大の赤字 | トップページ | 社内旅行 »