« 雇用の流動 | トップページ | 気持ち悪い話・・・ »

2014年3月24日 (月)

中国

 おはよーでござんす。今、安倍総理が集団的自衛権を強烈にすすめているのですが、この強気は、明らかにアメリカの後押しがあってのことでしょうね。

 そのアメリカは、ファーストレディ外交ということで、オバマ米大統領のミシェル夫人がお子さんを連れて北京を訪れています。

 日本には国賓待遇を呼びかけても、1日しか滞在せず、靖国参拝にも失望を表明したように、アメリカの配慮は、完全に中国を中心となっているわけです。

 韓国にしても、大統領自ら、中国寄りの外交を展開し、歴史認識問題では共闘態勢です。

 台湾では、馬総統が学生たちの反対運動を押し切ってまで、中国との貿易協定を結ぼうとしています。

 クシリアやクリミアのように、アメリカが世界の警察でなくなり、世界に散らばっていた軍隊を引き揚げようとしている動きを敏感に察知して、アジアでは中国詣が始まっているわけです。

 中国のバブルが崩壊する、崩壊すると、脳内で幸福に浸っているようでは、世界の動きに取り残されることになると思います。正義が何であれ、どうであれ、所詮、パワーゲームなんですからね。

 ではでは。

|

« 雇用の流動 | トップページ | 気持ち悪い話・・・ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雇用の流動 | トップページ | 気持ち悪い話・・・ »