« 先生と呼ばれる職業へ | トップページ | 悪魔の証明 »

2014年4月 8日 (火)

愛人の住む街 西宮

 おはよーでござんす。ショッキングなタイトルでビックリされた方もおられるかと思うのですが、発言者は橋本大阪市長さんです。

 読売新聞からですが、

橋下徹大阪市長は7日、同市内で開かれた大阪維新の会を支援する経済団体主催の会合で、規制緩和によって同市のメインストリート・御堂筋沿いにある船場周辺に高級賃貸マンションを含む高層ビルが建設されることにふれ、「(企業経営者は)愛人2、3人住まわせて新しい船場にしてほしい」と発言した。』

 その席上、

大阪の財界人は大阪で金を稼いで、(兵庫県の高級住宅地の)西宮、芦屋に住むというのはダメだ。』

 だそうです。(笑 西宮・芦屋にとったら、失礼な話です。

 この人、ある意味、本質をつくような発言をされますが、表現の仕方が、敵をつくることが多いですね。

 それを言っちゃ~おしまいよっていう部分が分かってないんでしょうね。

 西宮市は、少子高齢化のなか、時代の流れに逆らって、子供達の数が増え続ける珍しい街なわけです。

 親御さんたちが、大阪の便利なド真ん中を選択せずに、何故に西宮市を選択するのかが、分かってないんでしょうね。

 海があり、山があり、教育水準も高く、大阪・神戸のちょうど真ん中。交通アクセスに優れ、大型のショッピングセンターもたくさんあります。

 人ごみが多くて、空気も悪い、近所付き合いも分からない、大阪の中心部より、ずっと人間らしい生活が出来る場所なわけで、常に、関西圏の住みたい街のナンバーなわけです。

 一面だけを捉えてレッテルをはるのは、大手マスコミと同じですよっと。

 ではでは。

|

« 先生と呼ばれる職業へ | トップページ | 悪魔の証明 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先生と呼ばれる職業へ | トップページ | 悪魔の証明 »