« すごいニュースです | トップページ | 次郎さん »

2014年4月24日 (木)

格差戦争

 おはよーでござんす。昨日は、オバマ大統領が来日ということで、超厳戒体制の銀座は、凄かったですね。ほんと、黒船来襲の文字通りです。

 というわけで、戦後、アメリカの価値観を次々と導入してきた日本なわけですが、そんなアメリカの資本主義の行きつく先が凄いことになっております。

 NHKのクローズアップ現代の特集ですが、

『ジョージア州の北部にある人口9万4,000人のサンディ・スプリングス市では、住民投票で94%の圧倒的賛成を得て、それまで属していたフルトン郡から分離し、市の運営にビジネスのノウハウを取り入れました。警察と消防を除く、すべての業務を民間に委託。 同じ規模の市なら数百人は必要な職員の数を9人に抑え、徹底的なコストカットを進めた結果、当初年間5,500万ドルと試算された市の運営費を、半分以下に抑えることに成功したのです。
コストカットによって生まれたお金は富裕層の要望によって、市民の安全を守るサービスに使われています。』

 オバマ大統領の進める、弱者への保険等の再分配に真逆で逆らう動きですね。

 日本にも根強くありますが、公務員の無駄や効率の悪さに嫌気をさしている人も多く、それを実力行使し、かつ、弱者への再分配を否定した形になります。

 まず、この動きは、アメリカで今後、加速することでしょうし、やがて、黒船となって日本にもやってくるのでしょうか。

 格差間の争いは、内紛へと繋がっていきます。これだけ、文明と文化が発達しても、歴史は繰り返すのでしょうかね。

 ではでは。

|

« すごいニュースです | トップページ | 次郎さん »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すごいニュースです | トップページ | 次郎さん »