« 愛人の住む街 西宮 | トップページ | 泥棒にご用心 »

2014年4月10日 (木)

悪魔の証明

記者:『大保方さんは宇宙人はいるということで、世界的権威の雑誌『ムー』に論文を提出されていますが、その論文の宇宙人の写真は、昔、矢追さんが撮影したものですよね。』

大保方さん:『たくさんの写真があり、ねつ造ではなく、単なるミスです。』

記者:『宇宙人には、何回遭遇しているのですか?』

大保方さん:『はい。200回以上は遭遇しています。』

記者:『200回以上も宇宙人に遭遇しているのなら、一度、論文を撤回してはどうか?』

大保方さん:『未知の世界では、一度、論文を撤回すると、完全な間違いであったと発表することになるので、出来ない。』

記者:『宇宙人の写真は、何枚持っています?』

大保方:『宇宙人の写真は、何百枚も持っています。』

記者:『結局のところ、宇宙人はいるのですか?いないのですか?』

大保方:『宇宙人は、います!』

記者:『では、私たちは何をもって信用したらよいのでしょうか?』

大保方:『宇宙人との遭遇は、ある種のレシピがあり、新たな論文として発表できたら良いと思います。』

 というわけで、宇宙人はいると断言する以上、それを否定するには、宇宙人はいないということを証明しないといけないのです。

 しかも、大保方さんが宇宙人と遭遇するには、大保方さんにしか出来ない特殊な環境が必要で、今のところ、第三者は、大保方さんの言うとおりに、宇宙人に会いに行っても、遭遇した人はいないのですね。

 あることの証明は、簡単ですが、ないことの証明は不可能に近い以上、幕引きをそこに持ち込む弁護士軍団の手腕たるや恐れいりやす。

 でも、宇宙人は、いるんだもん♪

|

« 愛人の住む街 西宮 | トップページ | 泥棒にご用心 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛人の住む街 西宮 | トップページ | 泥棒にご用心 »