« すごい世界 | トップページ | 日本ダービー »

2014年6月 1日 (日)

Global Property Guide

 おはよーでござんす。日本は、不動産バブルがはじけるまでは、とてつもなく不動産価格の高い国でした。

 一説によると、1980年代後半には東京都の山手線 内側の土地価格でアメリカ全土が買えるという算出結果が出たと聞き及びます。

 それほど、日本の不動産価格は高かったのですが、その後は、ご存じのとおり、バブルが崩壊し、何もかもが下落の一途の時代を迎えました。

 でもね、それでも、世界代3位の経済大国なんですよね。

 面白いサイトがあるので紹介します。Global Property Guideという世界主要都市の不動産価格と家賃利回りのランキングサイトです。

http://www.globalpropertyguide.com/

 このサイトで、アジアエリアを検索しますと、意外と東京に割安感があるんですよね。

 台北や上海、シンガポールなんて、とてつもなく低い利回りとなっております。それほど、不動産価格が上昇しているということなんでしょうね。

 ということで、世界中のお金がどこに向かうのかということです。

 実は、僕たちが考えるよりも、ずっとお気楽に単純にお金の流れは動きます。要は、利回りがそこそこあるのなら、オリンピックがあるまで、東京にお金をシフトしとけというのが、世界の動きです。

 東北の大地震がり、福島の原発事故のあと、あのタイミングでオリンピックが東京に決まるというのは、プレゼンうんぬんの問題じゃないでしょう。今、日本を沈み込ませるわけにはいかないと考えた国際金融資本団が、刺激策として東京にオリンピックをと考えても、なんら不思議じゃないです。

 事実、首都圏のゼネコンはラッシュに沸いていると聞き及びます。

 あとは、恒例のババ抜きですね。とりあえず、世界のお金の流れは、オリンピックまでは東京買い!ということですね。

 ではでは。

|

« すごい世界 | トップページ | 日本ダービー »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すごい世界 | トップページ | 日本ダービー »