« 言論封殺 | トップページ | 都道府県別 転出転入状況 »

2014年6月24日 (火)

昨日の続き

 おはよーでござんす。やっぱりなぁ~っていう動きになってきていますね。

 塩村議員に対するセクハラ発言ですが、やっぱりなぁ~っていう動きになってきています。

 田中真紀子氏が、子供のいない安倍総理に対し、『種無しカボチャ』と揶揄したことがあるのですが、何故、この発言はスルーするのかと話題になっております。

 はたまた、たかじんのそこまで言って委員会に出ている竹田恒泰氏は、隣の田嶋陽子さんから「あんたが早く結婚しなさいよ」と言われるとツイートされています。

 ある意味、昨日も書きましたが、言葉狩りの面が発動してきましたね。

 一方はスルーで、一方は前面に非難されるでは、ダブルスタンダードになるので、おかしいという論調は、当たり前で、この動きが加速されれば、発言というものの裁量が変になってくるような気がします。

 そういえば、テレビでも、何故、この言葉が放送できないのかといった言葉がたくさんあります。

 『早く結婚しなさいよ』って言葉なんて、近所のおばちゃんから、親族、はては上司にいたるまで、日常に会話されている内容を、セクハラというからには、今後、全員に責任があるということになりますからね。

 物凄く、本音と理想と綺麗事の境界が、失われているような気がして、その雰囲気が、やがて変な方向にいくような気がしてならない、例えば、日本人なら・・・して当たり前、・・・と考えて当たり前、それ以外の考えは、全否定するなんてムードにならなければいいのにと思うのでした。

 お隣の国達が、少しでもまともな発言をしたとたん、非国民だの、弾圧だのされている様を見るにつけ、不安視せざるを得ないわけです。

 色々な考えの人が、自由に発言でき、しかし、その中には、相手を配慮する加減があるというのが一番いいと思うんですけどね。

 ではでは。

|

« 言論封殺 | トップページ | 都道府県別 転出転入状況 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言論封殺 | トップページ | 都道府県別 転出転入状況 »