« 縁もゆかりもない西宮 | トップページ | 考え方の違い »

2014年7月 4日 (金)

お金持ちがいっぱい

 おはよーでござんす。ついにというべきか、とうとうNYダウが17000ドルを突破してきました。

 終値で17068ドルです。それを受けて、東京市場も上昇しているのですが、凄いことですよね。

 アメリカで株を購入している人は、全員、もれなく過去最高の含み資産でございます。

 2014年6月15日に発表した、コンサルティング会社であるボストン・コンサルティング・グループの報告書によりますと、100万ドル(約1億円)以上の資産を保有する世帯数は、世界1位がアメリカで、714万世帯。次に中国で、238万世帯、3位が日本で124万世帯となっております。

 改めて、中国の凄さが浮き彫りになってきているのですが、この差は、明らかに、株式市場の影響でしょうね。

 NYダウは史上最高値の17000ドル突破。中国は、世界第2位のGDPをひっさげ、シャドーバンキングの高利率商品等の莫大な資産運用。かたや、日本は、ちんたら、15000円台と、その差は、開きまくって当たり前です。

 ただ、言えることは、そのお蔭で格差が少なくなっているのは事実なんでしょうけどね。

 もしも、日経平均が、18000円突破なんてことになってたら、日本の富裕層も、相当数増加していることでしょうからね。

 ただし、株式も、シャドーバンキングも、爆弾を抱えた状態なので、いつ、どうなるかは神のみぞ知るところ。

 結局のところ、金融緩和でダブついたお金が、資産運用の先を求めて蠢いているだけで、我々、資産をもたない庶民には、上がろうが暴落しようが関係ございません。

 願うことなら、次の暴落時には、実体経済に被害がないようにして頂きたいだけですね。

 ではでは。

|

« 縁もゆかりもない西宮 | トップページ | 考え方の違い »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 縁もゆかりもない西宮 | トップページ | 考え方の違い »