« 紙媒体の終わり | トップページ | 買う時、売る時 »

2014年11月24日 (月)

消費税32%

 おはよーでござんす。選挙へ向けて、各党が消費税のことで、喧々諤々おっしゃっておられるわけですが、全ての根本は、財政規律の問題。

 米国アトランタ連邦準備銀行の経済学者リチャード・ブラウン氏らの研究によると、消費税、財政破綻回避には32%へ増税必要との試算が出ております。

 歪な人口構成の関係上、社会保障費と医療費の増大。そのバランスを維持するためには、消費税は32%になるということですね。

 1万円のお買いものをして、3200円の税金。100万円のお買い物をして、32万円の税金。

 モノが売れるわけがない状況が発生しますね。

 財務省は、主力の税収を消費税に考えている以上、この圧力は減少することもないでしょうし、となると、本気で無駄な支出をカットする人が出てこないと、全員が死亡することになりそうです。

 今が良ければ、あとは知らないという政治家と官僚が多すぎるような気がしますね。

 本気で、支出にメスを入れる政党が出てこないものかと思うのでした。

 ではでは。

|

« 紙媒体の終わり | トップページ | 買う時、売る時 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紙媒体の終わり | トップページ | 買う時、売る時 »