« 10%の考察 | トップページ | 慰安旅行 »

2014年11月 8日 (土)

明治維新と現代

 おはよーでござんす。昨年、九州経済連合会の会長に、麻生セメントの麻生泰社長に就任し、麻生一族が九州を制覇したのは記憶に新しいところなのですが、なんとなく、明治維新の政治が今も続いているのかなという気がしますね。

 明治時代の総理大臣を調べてみますと、

初代 伊藤博文 長州藩 山口県

第2代 黒田清隆 薩摩藩 鹿児島県

第3代 山縣有朋 長州藩 山口県

第4代 松方正義 薩摩藩 鹿児島県

第5代 伊藤博文 長州藩 山口県

第6代 松方正義 薩摩藩 鹿児島県

第7代 伊藤博文 長州藩 山口県

第8代 大隈重信 佐賀藩 佐賀県

第9代 山縣有朋 長州藩 山口県

第10代 伊藤博文 長州藩 山口県

第11代 桂太郎 長州藩 山口県

 この後、14代まで続くのですが、ずっと、山口県と鹿児島県の交互ですよね。もうね、権力とはなんぞやみたいな感じです。

 それでもって、今の総理大臣が、2回目の山口県出身。九州は麻生さんと。

 なんだか、たまたまなのか、それとも、明治の流れが、ずっと続いているのか、ほんと、疑いたくなりますよね。平成の時代になっても、案外、こんな流れが世の中を決めているのかもしれないとなると、呆れちゃいますね。

 ではでは。

|

« 10%の考察 | トップページ | 慰安旅行 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10%の考察 | トップページ | 慰安旅行 »