« 世界の警察への復帰 | トップページ | 明治維新と現代 »

2014年11月 7日 (金)

10%の考察

 おはよーでござんす。消費税が10%になった時のシミュレーションをしたいと思います。

 これから物件購入を検討している人は、よく読んでおいてくださいね。

 まず、現在の8%から10%へ移行した場合の影響を考えますね。

 大体、阪神間の物件でいけば、総額3500万円~5000万円ぐらい。

 そのうち、消費税の対象になるのは、建物部分になりますので、建物価格自体は、おそらく、1500万円~2000万円といったところでしょうか。

 つまり、8%から10%になった場合、消費税が増えるのは、1500万円と2000万円の2%になるわけですから、

 1500万円×2%=30万円

 2000万円×2%=40万円

 つまり、10%になっても、30万円~40万円の影響ということになります。

 ところが、意外と、不動産・建築業界というものは、政治に対して影響力が大きく、かつ、過去の経験からも増税に伴い、消費減退を懸念する政府は、ローン控除の増額などの、対策を打ち出してくることが多いです。

 その額と、上記の30万円~40万円との比較になるのですが、そう考えると、駆け込みをする意味があるのかということになりますね。

 これから、増税を目指して、色々と刺激策が出てくることでしょうから、よく調べてから購入検討した方が良いということですね。

 ではでは。

|

« 世界の警察への復帰 | トップページ | 明治維新と現代 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

消費税は25%になるでしょう

投稿: たけ | 2014年11月 7日 (金) 16時43分

>たけ様へ

財務官僚の出張先のIMFが、ずっと25%
って言ってますもんね。(笑

投稿: のりぞー | 2014年11月 8日 (土) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界の警察への復帰 | トップページ | 明治維新と現代 »