« 日本国債 | トップページ | 円安・株高・原油安・不動産・・・ »

2014年12月 5日 (金)

ボディーブロー

 おはよーでござんす。選挙の演説が五月蠅い季節になってきましたね。のりぞーの会社は、阪急苦楽園口の駅前にあるので、マイクを使った声が大きくて、電話が聞こえにくい時があります。まぁ~、仕方がないんでしょうね。

 ついに、円安が1ドル=120円を突破してきました。

 ほんの、数年前の1ドル=80円時代に比べて、どう変化しているのかということを、身近に考えてみました。

 あくまでも、コモディティの価格は考えずに、為替だけを考えますと、

 4人家族の平均食費は月に約7万円。12カ月で84万円になります。

 日本の食糧自給率は、約39%ですので、84万円のうち、約50万円が輸入に頼っているということになります。

 つまり、1ドル=80円の時代なら、6250ドルの負担だったのが、1ドル=120円になって約75万円を払って、同じ量を消費していることになるわけですね。

 荒っぽいことを書いていますが、円安による家計への弊害は、食費だけに留まらず、ボディーブローのように、あちこちに蓄積されることでしょうね。

 ではでは。

|

« 日本国債 | トップページ | 円安・株高・原油安・不動産・・・ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本国債 | トップページ | 円安・株高・原油安・不動産・・・ »