« 空き家対策特別措置法 | トップページ | 名目GDPの推移 »

2015年2月21日 (土)

日銀総裁の発言

 おはよーでござんす。おいおいってニュースが流れていますね。戦時中の言論統制を彷彿させる内容です。

 テレ朝ニュースさんより、

『先週の政府の経済財政諮問会議で、日銀の黒田総裁が日本国債の将来的なリスクについて言及したにもかかわらず、議事要旨から削除されていたことが分かりました。黒田総裁は、ヨーロッパで国債をリスク資産とみなし、銀行への規制を強化する議論が始まっていると説明しました。そのうえで、日本国債の格下げに絡み、「安全資産とされている日本国債も持っていることでリスクになり得る」などと述べ、財政健全化に取り組むよう訴えました。こうした発言はマーケットに影響を与える可能性もあるため、議事要旨から削除され、箝口令(かんこうれい)も敷かれたということです』

 無茶苦茶ですね。アホみたい国債を買いまくった日銀が、今更、リスクっていうのも笑っちゃうし、それに箝口令を敷く政府も問題ありです。

 銀行なんて、融資先がないから国債を完全に信用しきって、買いまくっているのに、その国債がリスクなんて言っちゃうと、売却の嵐を呼べば、金利大暴騰が待ってますからね。

 まぁ、日銀総裁とすれば、せっかくの増税で財政再建をするって言っていたのに、まさか、ばらまきに使うとは思っていなかったということの意趣返しなんでしょうね。

 国の借金がぁ~って言いながら、国民に増税をお願いして、結局、公務員の給料UPとかに、あてがわれたんじゃ洒落にならないです。

 この発言を受けて、銀行もポートフォリオを変えないといけなくなるかもですね。

 ではでは。

|

« 空き家対策特別措置法 | トップページ | 名目GDPの推移 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 空き家対策特別措置法 | トップページ | 名目GDPの推移 »