« 中華思想 | トップページ | 消費の復活 »

2015年2月14日 (土)

危機ってどこに行くの??

 おはよーでござんす。またまた、世界ではギリシャさんが話題になっていますね。抜本的な解決もないまま、定期的に話題にあがる国なのですが、これってどうなんですかね。

 世界中で通貨安戦争が行われている中、ECBが金融緩和をしたと同時に、ギリシャ問題が再燃したわけですから、うがった見方をすると、役を演じているのかも・・・。

 もしも、僕がEUのえらいさんで、金融緩和に更なる実効性を持たせるのなら、ギリシャを使いますもんね。

 裏で繋がっていて、『こういう風に問題を起こせ!』と言われて、ユーロ安になり、ドイツはうまうまって感じで。

 中国のシャドーバンキングだって、あれだけ騒がれたのに、何の抜本的な解決もないまま、いまや、なかったことのようになってますもんね。

 つまり、危機なんて、定期的に誰かのシナリオで描かれていて、それをもとに金儲けしている人がいるのかもですね。

 ではでは。

|

« 中華思想 | トップページ | 消費の復活 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中華思想 | トップページ | 消費の復活 »