« 一極集中 | トップページ | 危機ってどこに行くの?? »

2015年2月13日 (金)

中華思想

 おはよーでござんす。北京オリンピックの前から、中国の崩壊説は延々と垂れ流されてきているのですが、一向に崩壊なんてしませんね。

 同じことで、北朝鮮も言えるんですけどね。

 その中国ですが、『韓国では昨年、外国人が所有する土地の面積が2億3474万平方メートルとなり、前年に比べ881万平方メートル増えた。特に中国人が所有する土地は1年間で約85%も増えた。』そうです。

 昨年、済州島に行ったときに感じたのですが、物凄い中国人客シフトになっていて、まぁ、そりゃそうだろうなと思ったもんです。昨年済州道で外国人が購入した土地の90%は中国人が取得したものだそうで、まざまざと、そのパワーを見せつけられましたもんね。

 で、ここにきて、日本でも10億円以上の投資をする海外富裕層に永住権をあげるといったことが議論されているようです。

 ほんと思うのですが、不動産って、自分の国に持って帰れないものなので、積極的に海外の富裕層に投資してもらう環境を作れば、地方経済も活性化するのになって思うのですが。

 人口が減り、先行きを不安視するのなら、こういった思い切った政策もありじゃないかと思います。

 ではでは。

|

« 一極集中 | トップページ | 危機ってどこに行くの?? »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一極集中 | トップページ | 危機ってどこに行くの?? »