« 懸念 | トップページ | 超売り手市場 »

2015年3月24日 (火)

タワーマンションの恐怖

 おはよーでござんす。最近、高層マンションの上層階の火事のニュースをよく見かけるのですが、あれって、その後の改修をどうするんでしょうね。ちょっとやそっとじゃ、足場も組めないでしょうし、高層マンションのリスクを見せつけられたのですが、今、もっと凄いことが起きています。

 築15年で、日本初の50階以上建ての超高層タワーマンションの大規模修繕が始まろうとしているのですが、なんと、見積もりを大手ゼネコン5社が拒否をしたというのです。

 準備期間5年、総工費約20億円、工期3年の予定だそうなのですが、考えられる拒否理由は、費用の予定が安すぎて、見積もりさえ出さないのか、オリンピック需要の人で不足なのか、それぐらいしか思いつきません。

 販売時の修繕積立金は、あくまでも、販売当時の想定で予算が組まれていることでしょうから、これだけ、建材や人件費が上がると、予算が全然足らないことも考えられますね。

 そうなると、修繕なんて絵に描いた餅になっちゃうわけで、タワーや高層マンションに住んでいる人は、戦々恐々でしょうね。

 かといって、大幅に修繕費を上げるとしても、住民の大反対にあうでしょうし、防水等の修繕は待ったなしでしょうし、これって、大問題に発展しますよ。

 マンション住まいの人は、ご自身のマンションの状況を確認してみた方が良いですね。

 価格にも、影響を与えることは、必至なのではないでしょうか。

 ではでは。

|

« 懸念 | トップページ | 超売り手市場 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

まさに…恐怖ですね。
貴重な情報ありがとうございます。

さて、拒否した大手ゼネコンは今後の新築高層マンションの価格をどうするつもりなのでしょうか?
自社建設の高層マンションは修繕を受けるのでしょうか?

新築の販売価格がこの問題で下がる(?いか程)とも思えませんが…

最終的には業界として受けざるを得ないんでしょうが。

投稿: 通りすがり | 2015年3月24日 (火) 12時41分

タワーマンション屋上にはヘリポートが必須ですな。有名なタワーマンションにはヘリポートが必ず付いているそうです。

投稿: 夙川桜 | 2015年3月24日 (火) 17時31分

>夙川桜様
>通りすがり様
コメントありがとうございます。
多分、瑕疵担保の10年が過ぎている以上、
業界は見て見ぬふりを貫き通すことでしょうね。
 お~恐。

投稿: のりぞー | 2015年3月26日 (木) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懸念 | トップページ | 超売り手市場 »