« キラキラネーム | トップページ | ドラクマ復活 »

2015年4月 5日 (日)

地権者マンション

 おはよーでござんす。この前、タワーマンションの恐怖という題でブログを書きましたが、もう一つ、考慮に入れておいて欲しいのが、地権者マンションです。

 地権者マンションとは、元々の土地の所有者が、デベロッパーと相談して等価交換でマンションを建て、区分所有を貰い住んでいるマンションですね。

 平等、不平等の話が出てくるのですが、元々がそういう契約で開発されたマンションなわけで、後から入居した人は、それに従うしかないわけです。

 んで、何が主な問題点になってくるのかといいますと、世代間格差と、収入格差の問題です。

 マンションの大規模修繕は、とてつもない金額になってくるわけで、当然、老朽化が進むと、修繕積立金を上げるか、建て替えを検討しなくてはならなくなってくるわけです。

 ところが、基本的には、元地権者さんは、ご高齢になっているわけですし、新規で分譲を購入されるお客様の層と年齢差が出てくるわけですね。

 更には、高級マンションとかの場合、当然、収入格差も出てくるわけです。他の住民で積立金を上げて、マンションの維持管理を守ろうと決めても、区分所有者及び議決権の各四分の三以上の多数が必要なわけで、あとは議決権の割合の問題ですね。

 こういった感じで、中古マンションの購入を検討している場合は、よく、議決権の割合を把握して購入を検討しないと、後々に、禍が発生する確率が非常に高いというわけです。

 東京圏の高層マンションは、この問題が非常に多いらしく、阪神間も他人事とは言えないですね。

 ではでは。

|

« キラキラネーム | トップページ | ドラクマ復活 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キラキラネーム | トップページ | ドラクマ復活 »