« ガラケー終了 (涙 | トップページ | ゴールデンウイーク休暇 »

2015年4月27日 (月)

物件の囲い込み

 おはよーでござんす。今、不動産仲介業者さんの間で、週刊ダイヤモンドに掲載された『物件の囲い込み』問題が、ちょっとした話題となっております。

 『物件の囲い込み』とは、売却の依頼を受けた不動産業者さんは、媒介契約を締結した日から法定の期日以内(専属専任媒介契約の登録期日:媒介契約締結の日から5日以内、専任媒介契約の登録期日:媒介契約締結の日から7日以内)に、仲介依頼を受けた物件の情報を指定流通機構(レインズ)へ登録しなければならいないのですが、特に大手仲介業者さんの間で、その登録を故意にしなかったり、お客様がいないのにも関わらず、『商談中』として、他社からの客付を妨害する行為になります。

 まぁ、大手仲介業者さんが目立つのも、それだけ、売却依頼件数が多いからなのですが、実際、阪神間でも、大手仲介業者さんの客付け不可は目立ちますね。

 他社さんからの客付けを断って、自社で客付けすることにより、双方代理で両手という、売主さんからも、買主さんからも仲介手数料を得ようとしているのですが、これは、のりぞーも随分前から問題だなぁ~と思ってました。

 法律で決まっていても、ペナルティーがないので、やりたい放題なのですが、コンプラを謳う上場会社が、これではね。

 ある意味、売主さんにとっては、不当な状況におかれるのですが、まぁ、レインズもシステムが変わるみたいですし、少しは風穴があくかもですね。

 ではでは。

|

« ガラケー終了 (涙 | トップページ | ゴールデンウイーク休暇 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガラケー終了 (涙 | トップページ | ゴールデンウイーク休暇 »