« 出資金 | トップページ | 大きなお金の流れ »

2015年7月25日 (土)

札幌市

 おはよーでござんす。この前書きました、都道府県別の人口増減の中で、日本で一番人口減がおこっている北海道なのですが、こと札幌市に関しては、人口流入が日本で3番目に多い市となっております。

 これは、広大な北海道の住人が、都市部の札幌に集中してきているという姿が見て取れます。

 札幌市は、全国に先駆けて、スマートシティーを標榜しており、『札幌型の集約連携都市 都市づくりの目標. ○安全・安心で暮らしやすい都市. ○魅力と 活力のある都市. ○エネルギー効率の高い、低炭素型の都市. ①拠点集約交流促進 戦略. ③市街地再構築戦略. ②都心まちづくり戦略. 』

 つまり、『公共交通を中心とした集約型のまちづくり』に舵をきっております。

 町村部に住む人達に、効率の為に先祖代々の土地を手放し、都市部に集まりなさいと行政が音頭をとっているということです。

 これって非常に勇気がいることですが、どんどん人口が減少し、過疎化が進む中で、遅かれ早かれ、全国の自治体が直面することでしょうね。

 そういったことを頭にいれて、不動産の購入も検討していかないとですね。

 ではでは。

|

« 出資金 | トップページ | 大きなお金の流れ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出資金 | トップページ | 大きなお金の流れ »