« 出口の見えない金融緩和 | トップページ | アジア人の見分け方 »

2015年9月20日 (日)

熱い地方都市

 おはよーでござんす。平成27年都道府県地価調査の結果が9月16日に国土交通省より発表されたのですが、今回の調査で目立ったのが、地方都市の商業地です。

 上昇率45.7%で晴れの第一位に輝いたのは、名古屋市駅前。リニア効果ですかね。この前、名古屋に久しぶりに行ったときに、駅前では高層ビルの工事をあちこちでやってましたからね。

 トヨタショックの時に、錦も栄もガラガラだったことを考えれば、やはり、あの時が名古屋の底でしたね。

 続いて目立ったのは、金沢と仙台。これは、明らかですね。北陸新幹線と復興です。

 他に大阪心斎橋も値上がり顕著。これはインバウンド効果。ミナミを歩いていますと、ここは日本か?って疑うほどアジアの人であふれていますからね。

 ちなみに、中国の人と台湾の人と韓国の人の見分け方は、化粧と服装です。

 以上、首都圏であふれたお金が地方都市にまわりだしたことが顕著になった都道府県地価調査なのでした。

 ではでは。

|

« 出口の見えない金融緩和 | トップページ | アジア人の見分け方 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

中国の人と台湾の人と韓国の人の見分け方は、化粧と服装です

↑具体的にどう違うんですか??

投稿: 西宮プレミアム | 2015年9月20日 (日) 20時02分

>西宮プレミアム様
コメントありがとうございます。

答えは今日のブログに書きましたので、参考にしてみてください。(笑

投稿: のりぞー | 2015年9月21日 (月) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出口の見えない金融緩和 | トップページ | アジア人の見分け方 »