« 熱い地方都市 | トップページ | 不機嫌ワーゲン♪ »

2015年9月21日 (月)

アジア人の見分け方

 おはよーでござんす。昨日のブログにコメントがついていましたので、面白いから、そのことを書きますね。

 のりぞーが明洞を歩いていますと、必ず、『マッサージあるよ!!』と声を掛けられます。彼らは、僕が日本人だと分かっているんですよね。今や、明洞は中国人であふれかえっているというのに。

 ただし例外もあります。友人のエストコーポレーションの宮本社長は、必ずといっていいほど、現地の言葉で声を掛けられます。多分、大陸の血が入っているんでしょうね。

 で、個人的にアジア人の見分け方を解説しますね。

 まずは、韓国人。男の子は、非常に簡単です。それは、髪型と伊達メガネ。

Yjimage

 ほとんどの若い子は、こんな髪型してますよ。ほんと韓国の若い男の子はすらっとしてカッコいいです。

 次に女の子。これは、写真を見てもらえれば一目瞭然。

38b1f0dcb560c737eb4e6487a9ad0bc6

 ウォーリーを探せぐらい、違いを見つけるのに苦労します。

 日本の女の子とは、化粧が全然違いますね。

 次に、中国人の女の子の見分け方。それは、一点豪華主義。

 昭和チックなワンピースに、スニーカーを履いていて、カバンはハイブランド。エルメスかヴィトンがお気に入り。

 最初、ミナミで見かけた時に、ワンピースとスニーカーに凄い違和感を感じましたが、もう慣れました。

 中国の男の人は、歩き方。凄い肩をいからして歩くので、すぐに分かります。

 一番難しいのは、台湾の人。

 もうね、これは感覚なのですが、集団での声のボリュームが、中国人や韓国人に比べて少し大人しい。

 こんな感じです。

 これからも、ドンドン海外からの観光客も増えることでしょうから、意識して見ていれば面白いですよ。

 ではでは。




|

« 熱い地方都市 | トップページ | 不機嫌ワーゲン♪ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熱い地方都市 | トップページ | 不機嫌ワーゲン♪ »