« ミシュラン天国 苦楽園 | トップページ | 大きくなりすぎたものは守られる »

2015年10月 2日 (金)

集団的自衛権

 おはよーでござんす。昨日の爆弾低気圧は凄かったですね。風邪が強すぎて、車を運転していてもハンドルをもっていかれるのを感じたくらいですから。

 しかし、ほんと、熱帯気候みたいな感じがしますね。これから、この天気が当たり前になっていくんでしょうね。

 学生のデモまで発生した集団的自衛権の問題なのですが、憲法学者が違憲だといっても、あちこちのマスコミが問題定義しても、日本中でデモがおきても、あの平和を標榜する公明党がだんまりを決め込み、自民党内でもギスギスしながら、強行に推し進めた裏にあるのは、間違いなく外圧があったからでしょう。

 外圧とは、アメリカのことなのですが、そのアメリカが、何故、日本に推し進めるようにしたのか?

 ホルムズ海峡とか、南シナ海とか、国会答弁では色々言っていましたが、これまた、間違いなく焦点は、朝鮮半島でしょうね。

 世界のリーダーが、日本の集団的自衛権を急がした、どうしようもない理由とは、朝鮮半島しか考えられません。

 最近、韓国の朴大統領が、中国に行っても、国連に行っても、朝鮮半島の『平和統一』の話ばかりするのも、切迫している状態があるからなんでしょうね。

 ということは、もう北の体制がもたないところまで来ており、何が起こるか分からない状況なのでしょうね。

 最後に、無茶な突撃を仕掛けられた場合、在韓米軍の後方支援は、どうしても日本になってきます。その為に、あの法案を急いだのでしょう。

 法案が整い、本日から横須賀基地に米原子力空母ロナルド・レーガンが配備されるということは、いよいよじゃないかと思われます。

 多分、当たってるような気がするので、要注意ですね。

 ではでは。

|

« ミシュラン天国 苦楽園 | トップページ | 大きくなりすぎたものは守られる »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミシュラン天国 苦楽園 | トップページ | 大きくなりすぎたものは守られる »