« 地中埋設物 | トップページ | ミシュラン発表!! »

2015年10月23日 (金)

復興

 おはよーでござんす。この火・水・木は、阪神間の不動産業者さんの集まりで、宮城県は仙台に行っておりました。

 2泊3日という、比較的ゆっくりした日程でしたので、あちこちの観光が出来たのですが、やはり、心に残るのは、被災地ですね。

 場所は、ユーチューブでも被害の大きさから掲載されている、女川港です。

 三陸沖というリアス式海岸は、入り組んだ複雑な海岸線と水深の深い入り江が多数みられることから、天然の良港となって漁業が盛んである反面、ひとたび、津波がおきますと、水の抜け道が、全て居住エリアにしかも、集中して圧迫してきますので、被害も凄いことになります。

 はるか高台にある、女川町立病院の駐車場の車が、次々と流される映像を見た人は多いと思うのですが、それぐらいの高さまで津波がくるわけですから、たまったもんではないですね。

 工事は、かなりのピッチで進んでいるとのことなのですが、震災から4年も経過していることを考えれば、まだまだ、被災地の人が安心して暮らせる状態には、ほど遠いものでした。

 人間の記憶は、ドンドン忘れるように出来ているのですが、こうやって振り返ることにより、再確認し、考えることは大事だなと思った次第であります。

 まぁ、本音のところは、前日のゴルフと、連日のお酒で、サウナとマッサージに行きたくて仕方がなかったのですが、会長に怒られて却下でした。

 ではでは。

|

« 地中埋設物 | トップページ | ミシュラン発表!! »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地中埋設物 | トップページ | ミシュラン発表!! »