« バベルの塔 | トップページ | 2040年 »

2015年11月 6日 (金)

コンパクトシティ政策

 おはよーでござんす。全国の住宅空き家率が13.5%も占めるようになり、いよいよ過疎の問題は加速傾向にありますね。

 そんななか、国土交通省がおしすすめているのが、『コンパクトシティ形成支援』です。

http://www.mlit.go.jp/toshi/toshi_machi_tk_000054.html

 簡単に要約すると、人口を一定の場所に集中させ、効率を良くするとともに、低炭素社会を目指すっつー感じです。

 バラバラに散っている集落を、一カ所に集めましょうとのことなのですが、当然、ますます、このコンパクトの場所に選ばれなかったところの不動産価値は悲惨なものになりますね。

 ある日、突然、病院やスーパーといったものがなくなるわけですから、住むのもままならない状態です。

 何度も言いますが、不動産を資産として考えた場合、当然、このコンパクトシティのことも考慮に入れて、そのエリアで購入しないといけないとなるわけです。

 売りたくても、買い手がいない不動産は、現実にたくさんあるということですね。

 ではでは。

|

« バベルの塔 | トップページ | 2040年 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バベルの塔 | トップページ | 2040年 »