« おそロシア | トップページ | 驚愕の間取 »

2016年1月30日 (土)

マイナス金利

 おはよーでござんす。昨日、日銀が驚きのマイナス金利を採用いたしました。

 多分、マイナス金利といっても、なんのこっちゃらとなることでしょうから、のりぞーの知ってる限りの知識で分かりやすく解説したいと思います。

 まず、日銀は、アベノミクスの大号令の中、量的緩和を実施しました。いわゆる国債の買い取りですね。

 日銀がお金を刷りまくって、直接、市場に放出するのは、タブーとされているので、国債を買い取るというワンクッションを置いているわけです。

 日本の場合、国債の保有者は、ほとんどが国内の金融機関のため、買主・日銀、売主・国内金融機関という構図が出来上がるわけです。

 そうして、国内の金融機関は、国債を売却した現金をどうしたかというと、日銀の当座口座に、ただただ積み上げただけだったんですよね。

 ことをブタ積みといい、本来の日銀の目的は、国債を通して、市場にマネーを放出したいのに、ブタ積みをすることによって、日銀と国内金融機関のキャッチボールだけで、一向に市場にお金が流れずにいたわけです。

 しかも、その日銀の当座口座に預けたお金は、日銀から0.1%の金利が付き、金融機関の大きな収益となっていました。

 マイナス金利というのは、その当座口座に預けていたお金の金利0.1%を、マイナス0.1%にするという決定です。

 厳密に言えば、段階的に金利を決めるみたいなのですが、まぁ、大部分はマイナス金利が適用されるというわけです。

 そうなると、国内の金融機関は、当座口座に預けていたら、お金が減っていくので、そこ以外のところに、お金をシフトしていかないといけません。

 超安全を狙うなら、再度、10年モノ国債を買えばいいのですが、10年の金利が0.135%なんてシロモノに食指が動くのかどうか。どう考えたって、経費倒れになりますからね。

 昨日の株式市場は、それを如実に表しており、全業種のなかで、銀行株だけが、前日比マイナス。一番上がった業種が、不動産業。

 つまり、当座においてある巨額のマネーの吸収先は、不動産しかないと市場は考えたのでしょう。

 ここからは、一足お先に実行した、ヨーロッパのマイナス金利の、その後の影響を見てみますと、大口顧客の預金に課税や、口座管理料なるものを徴収しようとする動きが出てきております。

 また、住宅ローン等のローンも、異様な低金利の中、収益を生まないということで、住宅ローンそのものを取りやめる金融機関も出てきているとのこと。

 どちらにせよ、日本国内においては、更に、住宅ローン金利の低下が見込まれ、史上空前の買い場(金利だけをみれば)が、訪れてると思われます。

 はぁ~、長いこと書きました。疲れた。

 ではでは。

|

« おそロシア | トップページ | 驚愕の間取 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おそロシア | トップページ | 驚愕の間取 »