« 住宅診断 意向の義務化 | トップページ | 金融庁の動き »

2016年2月13日 (土)

いざ鎌倉!!

 おはよーでござんす。ドイツ銀行のCDSが上昇して、破綻破綻と騒がれておりますが、まぁ~、公的資金の導入でしょうね。

 ドイツといえば、日本は1000兆円を超す借金を抱えているのに、ドイツはゼロで凄い国と言われておりますが、何のことはない、フォルクスワーゲンの偽装の時だって、政府の指示に従ってドイツ銀行が1兆円の緊急融資をしたわけで、国の根幹を揺るがす企業の不祥事に国が出ていかず、民間に付け替えているだけのことですね。

 そりゃ~、それだけ抱えて、更に民間として利益を確保しようとすれば、デリバティブでぶん回さなきゃならないわけで、結局、あぼーん。アホなことです。

 ドイツというお国柄、銀行に税金を投入するのは、国民が許さないでしょうが、ギリシャの時もそうでしたが、政府の指示というのを忘れられたら、ドイツ銀行もたまったもんじゃないですね。

 『いざ鎌倉!!』という言葉を、小学校の時に習いましたが、あれは、鎌倉幕府がやばくなった時に鎌倉に集合!!だったのですが、いまは、平常時でも『いざ東京!!』でございます。

 総務省が発表した、住民基本台帳移動報告によりますと、大阪圏(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県)、名古屋圏(愛知県、岐阜県、三重県)の合計人口は流出、東京圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)が20年連続の転入超過となりました。

 そりゃそうでしょうね。金沢にしたって、北陸新幹線が出来て、観光客は増加して地元は喜んでいるみたいですが、若者は簡単に東京に出れるようになり、ドンドン減るでしょうからね。いままでなら、サンダーバードで大阪というのがデフォだったのに、これからは、北陸新幹線で東京へですよ。

 また、人口減少している大阪圏と名古屋圏の中でも、それぞれ、大阪市と名古屋市は人口増で、それぞれの圏内でも、中心地に人が集まる傾向となっております。

 インフラの無駄とか考えて、いっそのこと、強制的に超コンパクトシティにしたらいいのにと思うのですが、怒られそうですね。

 ではでは。

 

|

« 住宅診断 意向の義務化 | トップページ | 金融庁の動き »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 住宅診断 意向の義務化 | トップページ | 金融庁の動き »