« 境界 | トップページ | またまた三菱自 »

2016年4月19日 (火)

新耐震基準

 おはよーでござんす。安倍総理は、リーマンショックや大震災のような事態が起きない限り、消費税の再増税を延期しない考えに変わりはないと、おっしゃったようですが、熊本の地震は大震災じゃないんですかね。

 今回の熊本地震で、改めて思ったことが、世界一と言われる日本の建築基準法の凄さです。

 阪神大震災を受けて、建築基準法では、旧耐震基準から新耐震基準に、規制が厳しくなり、かなり強度な構造になったのですが、今回の地震でも、一度目の震源の深さ11kmという凄く浅いところで、マグニチュード6.5、震度7という強烈な地震でも、ほとんどの建物は、一度目は耐えたようにみえます。

 問題は、気象庁も発表しているように、これまで観測をしたことのないほどの、余震の数と、前震と本震の関係ですね。

 一度目は耐えれた建物も、矢継ぎ早に、余震が襲えば、建物も持ちません。命あっての話なので、この教訓をいかし、一度目の後に、すぐに避難することが大事なんですね。

 少なからずの人が、2回目以降の地震で、建物よる圧死というニュースを聞くと、せっかくの新耐震も意味をなさないということです。

 今回の地震で、再度、改めて耐震基準の見直しがなされるかもしれませんが、災害と共に生きていく国なわけですから、常に進化していかないといけないですね。

 ではでは。

|

« 境界 | トップページ | またまた三菱自 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 境界 | トップページ | またまた三菱自 »